オススメのドライブレコーダーと意外なメリット

オススメのドライブレコーダーと意外なメリット

煽り運転が注目の昨今。今回はオススメのドライブレコーダーと意外なメリットを紹介したい。



ドライブレコーダーの意外なメリット

まず、ドライブレコーダーのメリットと言えばやはり事故の時の証拠が残る事だろう。YouTubeでも「強引すぎる当たり屋」と言った類のドライブレコーダーが捉えたとんでもない映像が投稿されている。


その他には事故の際、相手に無駄な言い訳をさせないと言うメリットがある。実体験だが友達の車に乗っていた時にガソリンスタンドからワゴン車が勢いよく突っ込んできて衝突した事があった。はじめ相手の運転手は我々がワゴン車に突っ込んだような物言いだったが、こちらにドライブレコーダーがあると知るや否や黙りこくってしまったのだ。おそらく若造だから強く出れば引くとでも思ったのだろうが、そうは保険屋がおろさない。


そして、意外なメリットがドライブレコーダーを搭載した車を運転する側も慎重になるという事だ。上記の事故体験もあり、父にプレゼントでドライブレコーダーをあげたのだが、それをつけてから自分の運転も慎重になったと言っていた。なんでも、無理な運転をしようとしてもそれが録画されてしまうから踏みとどまるらしい。


オススメのドライブレコーダー



買うときに注目したい事

まず、見知らぬ中国ブランドは買わない事。例えば、ファーウェイ(ファーウェイがドラレコを売っているかは不明だが)のような世界的ブランドはいいのだが、Amazonなどにはドライブレコーダーに限らず、見知らぬ中国ブランドが多く出ている。その商品だけはやめておいた方がいい。何故かは買えばわかる。


値段は単純に多くの機能が追加されれば高くなるし、画質が良くなれば高くなる。別にそこまで高級なものはいらないだろう。だが、最低限確認して欲しい機能がある。それはLED信号がしっかり記録されるかどうかという点だ。LED信号の周波数と録画のフレームレートがずれると映らなくなってしまうのだ。写っていない信号には証拠も何も望めない。この点はしっかり確認して買って欲しい。


おそらく今はほとんどそうなっているだろうが、常時録画機能搭載のものがいいだろう。これはエンジンを入れた時から録画が始まり、指定秒数ごとに分裂した録画ファイルで記録される。メモリーカードがいっぱいになると上書きされるが、衝撃を感知した時の録画ファイルは削除されないようにロックされるという仕組みだ。


その他、HDR、速度、衝撃の大きさ、衝撃の加わった角度などを記録できる機種もあるが私は必要ないと思っている。というのも、その気になれば録画された映像からこれらの情報は計算できるからだ。例えば、速度に関しては1秒間にどれだけ進んでいるかという方法で割り出すことが可能だ。最も重要なのは事故直前の道路状況なのだから、コストの面も考えて選択肢から外した。お金に余裕のある人は買ってもいいだろうが。


設置は簡単

設置が面倒だと思うかもしれないがとても簡単だ。シガーソケットにプラグを挿して、カメラを付属の両面テープでくっ付けるだけだ。シガーソケットを使いたくない人は自ら配線をいじるか車屋に行くしかないのだが。値段も1万円前後なので車を持っている人は是非つけておいて損はないだろう。

ついに解決! iPhoneでGoogleマップのマイプレイスを削除する方法

長年削除できなくて困っていたGoogleマップのマイプレイスがついに削除できたのでその方法を書いておく事にした。使用端末はiPhoneだ。おそらくAndroidでも同じだろう。



削除方法発見!

結論を書くと、GoogleマップなのにGoogleドライブから削除するのだ。ではなぜそれを発見したのかという余談を書くと、親戚の叔母より「容量が1分で5分の動画が送れない!」と謎のLINEが送られてきたのだ。LINEを私はあまり使わないので知らないが(Google Alloの方がはるかに使いやすいですよ皆様!)おそらく1分までの動画しか送れないのであろう。そこで、Googleドライブで共有すればいいとごちゃごちゃいじっている時、偶然発見したのだ。


その方法

Googleドライブアプリより『共有アイテム』を表示する。



すると、その中に『マイプレイス/マップ』とあるのでそこから削除すると、Googleマップのマイプレイスからも削除されるのである。



これで長年放置されていたいつ作成したかも不明な『外苑前』というマップが削除された。いやはやスッキリである。

LINE「既読スルーOK、意思表示標識スタンプ」完成!!

新しいLINEスタンプを作成したので紹介する。



「既読スルー可」意思表示標識スタンプ



LINEはメールと違って会話をやめるタイミンが掴みにくい。そこで、このスタンプを使えば自分から「この文章に対する返信はいらないよ」と意思表示できるのだ。また、区間標識を使えば会話をあらかじめ「既読スルー可」の意思を表示して始める事ができる。

ただいま審査中なので審査に通ったら改めて書き込むので乞うご期待。

免許合宿の感想と体験談 in 東新潟自動車学校

この度、免許合宿へ行って来たので感想を書く。私が行ったのは新潟の東新潟自動車学校という所だ。



何故、東新潟自動車学校?

学校の教官数人からも「何故ここ?」と言われた。他の学校が満員で仕方なく来るなど消極的な理由の人が多いようだ。

私はというと、ホテル宿泊の免許合宿を検索したら出て来たからだ。そして、その中で評判を検索したところ、東新潟自動車学校は唯一のレビュー(Googleの口コミで全レビュー件数が1件だった)が高評価だったのだ。他の学校はレビュー数は多いが教官が不親切だの横暴だのといった自動車学校らしいクソレビューが9割ほど。ならば、無評価同然の未知数である東新潟自動車学校で良いだろうと思ったのだ。わざわざクソレビューの学校に行く必要はないだろう。

ちなみに私はAT限定。今時ホームセンターの軽トラだってATですから。ちなみに来ていた人の8割9割はATだった。車を移動手段と考えるならATで十分だろう。趣味ならMTの方が楽しめるのだろうが。これは私の趣味のカメラと同じ感覚だと思う。



学校の感想

これがかなり大当たりだと思っている。もちろん、免許合宿という一回しか経験しない事なので比べようもないのだが、オススメかと言われればオススメする。

値段は二週間合宿で、約22万円。私の予想より3万円程安くすんだ。ちなみに、家から新潟までの往復新幹線代、ホテル代、朝昼飯、ジュース20本、が付いている。もちろん混雑するシーズンは高くなるだろうが。ジュース20本というのは学校の自販機で使える専用のコインを20枚もらえるのだ。

教習車は古き良きトヨタのコンフォート。私は車に全く興味がないのでこの辺は動けば何でも良いと思っている。ベンツが教習車なんて学校もあるらしいが、ふらふら運転のベンツは情けないだろう。

担当された教官は十数人だったが全員親切だった。運転のコツも走りながら教えてくれるので理解しやすい。こいつは絶対に理不尽で横暴だろうなと見た目で判断した年配の教官もとても親切だった。もし文句がある時は教習後に毎回、教官に対するアンケートを書かなければいけないのでそこで書けば良いのだ。フィードバックは大切だ。教官の教え方が分かりやすいのはこのアンケートのおかげかもしれない。

唯一の不満はお昼の弁当の不味さだ。2週間の合宿中で完食したことは一度もなかった。




ホテルの感想

私が泊まったのは『新潟コンフォートホテル』だ。

コンフォートホテル新潟1 - Spherical Image - RICOH THETA

コンフォートホテル新潟2 - Spherical Image - RICOH THETA


新潟駅前まで徒歩5分ほどと立地はいい。ちなみに、ホテル前まで毎日学校のバスが送り迎えをしてくれる。そんなホテルの感想はただ一点を除いて大満足。その一点はWi-Fiの遅さだ。高速WiFi完備とうたっているが夜は超低速である。まるでダイヤルアップ回線だ。あと朝日新聞社が無料なので靴底を綺麗にするのに使える。



授業が早く終わる日はプチ観光へも行ける。昼に行くことも時間的に可能だったが夜景が撮りたくて夜に行った。上が万代橋、下が朱鷺メッセからの信濃川と夜景だ。





授業の流れ

授業は学科と技能があり、第一段階、第二段階と二部構成になっている。第一段階の最後に修了検定と仮免試験があり、受かると第二段階がスタートする。実際の路上運転だ。学科は第一段階の応用が第二段階といった感じで第二段階だから難しくなるという事はない。合宿という特性上、学科が終わるその日に効果測定(模擬試験的なやつ。落ちると仮免試験や卒業検定が受けられない)となり、不合格だとその後の予定が狂い出すので予習が必要だと感じた。もちろん学科の授業でビデオ(このビデオがかなりの年代物で運転しているのが外車なのが面白かった。おそらく当時は免許を取って外車に乗ると言うのが若者のステータスというか、夢だったのだろう)を見たり話を聞いたりはするのだが、全部をカバーするわけではないので予習が必要なのだ。まあ予習と言っても教本を読めばいいだけだが。あとは試験の前日に問題集をやりまくれば問題ない。たまにひねくれた問題があるのでその場合は「このパターンはO、このパターンはX」と覚えればいい。



運転体験談

はじめに書いておくと適性検査はボロクソだった。最新の注意のもと運転しましょうと言う事らしい。

技能の第一段階は学校の模擬コースを走る。法律に従った運転ルールを一通り習得するのが第一段階だ。

学校に着いたその日に早速2時間乗る事になっていた。東も西も分からない状態でいきなり乗車である。自分の足がブレーキに置かれているのかアクセルに置かれているのか分からず踏み間違えて急ブレーキをされるなど七転八倒しているうちに少しずつ分かってきた。そうは言っても単純なカーブが最大の壁となって現れた。「先を見て、進路をイメージして、ハンドルを操作する」と言われ、先を見て進路をイメージするもハンドル操作を忘れ急ブレーキを踏まれる。かと思えばハンドルを切りすぎて曲がり過ぎる。ところが、別の教官と乗った時に「スピードが遅いからハンドルでなんとかしようとする。アクセルを使ってみよう」と言われアクセルを踏んで曲がると、なんの事もなくスムーズに曲がる。なんてこった! S字クランクが難関という話は聞いていたが、そのカーブでの苦労もあってかS字クランクはすんなり出来た。そんなこんなでどうなる事かと思った修了検定も合格。第一段階完了である。合宿のメリットは毎日乗車するので運転に慣れやすい事だと感じた。

技能の第二段階は実際の路上で練習をする。法律に従った運転ルールでは通用しない事を身を以て体験するのだ。

ランダムに作り出される実際の路上状況はかなりデンジャラスだ。困った事に新潟は交通量が半端なく道路も3車線ある(失礼な話、来るまでは田んぼと畑だけだと思っていた。大きな誤算だ)。対向車線と合わせると5車線もあるのだ。路上教習初日には曲がった瞬間どこに向かうのか混乱し対向車線に向かい教官に「危ない!」とハンドルを切られる体たらく。よくできたものでそんな運転でも数回乗ると慣れてくる。慣れてくるとより状況が見やすくなる。そして、交差点で無茶な右折をする。無茶とは自分で思っていないのだが、運転のプロが言うのだから間違いなく無茶なのだろう。小さい頃から日常的に見て来た「右折」は言い換えれば「松本走り」となり、それはすなわち「無茶」と置き換えられるのだ。その後も数回「まだ早いよ!」と言われる。逆に自分が直進左折の場合、相手の右折にかなり気を配れた点は自画自賛する。それに練習車のせいか他の車も結構気を配ってくれる。ありがたい。実にありがたい。ちなみに、標識の速度を守ると後ろが結構詰まってくるが、この速度を守らないと卒業検定で減点されてしまうので気にしてはいけない。頑なに速度を守る。後ろで「遅い!」と思ってる運転手も通った道なのだからお互い様だ。

技能の第二段階では縦列駐車と方向転換もする。卒業検定でも出る課題だ。ただ、これは学校の模擬コースで行うので縦列の間隔が時と場合で違う事はなく、すぐにコツが掴める。

そしていよいよ卒業検定。普段が50分の運転に対して卒業検定は約30分なので集中しやすい上、今まで走って来た道路なので危険予測はしやすい。が、車道を行くフラフラ自転車のババアが現れる。おいおいと思いながらも対向車線にはみ出し抜かす。しばらく行くと渡るのか渡らないのかハッキリしないジジイが登場。止まって数秒待つも微動だにしないのでそのまま通過。そして魔の交差点。案の定、絶妙のタイミングで黄色信号。一瞬考えたが足はすでにアクセルを踏んでいた。「やらかした!!」と思うも仕方がないのでそのまま進む。そんなこんなで最後に「あそこの交差点は止まるべきだったね」とアドバイスをもらい卒業検定は終了。無事合格。



まとめ

今回、合宿に行き一応は運転できる技術を身につけたと判断されたわけだが、正直運転をしたいとは思わない。やはり、どう考えても自動運転車の方がはるかに安全だと思うからだ。授業では死角についても勉強したが、自動運転車に死角はない。夜間運転の視野の悪さも体験したが、それもセンサーを搭載した自動運転車ならば容易いだろう。さらに、人が運転すれば初体験になる道も、10台の自動運転車が通った道なら乗っている人が初めて通る道でも車は10台分のデーターを取得済みで通る事となるのだ。

自動運転車の事故をニュースで聞くが、その事故もよくよく見るとヒューマンエラーであったりする。何よりも人は運転経験を積むと技術が上達するが、あるところから衰退し始める。原因は加齢だ。私が合宿している時にも多くの高齢者ドライバーを見たし、高齢者教習に来る方々を見たがなかなか恐ろしいものだった。杖をつきながらヨボヨボと車に乗り込むのだからたまったものではない。バイパスの出口でどっちつかずの位置を走行する老婆には冷や汗が出た。一方、自動運転車となれば時間が経過するほど自動運転の技術は向上していくのだ。道路を運転の上手い人と下手な人が玉石混交で走る事が間違いなのだ。全て自動運転車に置き換われば事故はなくなるだろう。自動運転車が一年でも早く市場に出てくれる事を願う。

ANAニューヨーク便の機内食と最高のサービスの感想

先日、ニューヨークへ行った際にANAを利用したので機内食とサービスなどの感想を書く。



はじめに

私が利用したのはANA。羽田空港からニューヨークJFK空港ルートである。当然、エコノミー。座席は42Gというエコノミーで一番後方の座席だ。乗った機体は下の写真の一番右下である。瞬きした瞬間にはついていた。



NH110 東京(羽田)(10:20) → ニューヨーク(JFK)(10:15)の機内食


朝食というか、ニューヨークはマイナス13時間なので夕食というのか、乗って早々出されるメニューがこちら。洋食はたしかビーフシチューだった気がした。本当は洋食を食べたかったのだが、最後尾座席が仇となり品切れ。致し方なくちらし寿司メニューになる。ご飯は柔らかくホタテもとても美味しかった。キャベツサラザはイマイチ。奥の三皿は左からローストビーフっぽいやつとごぼうサラダ、枝豆に春雨と寿司、クラッカーとチーズだ。ローストビーフとごぼうサラダは不味い。さらに枝豆も不味いが寿司と春雨はとても美味しい。クラッカーとチーズは当然ベリーデリシャス。

驚きであるがデザートにハーゲンダッツが提供された。エコノミーのくせにハーゲンダッツである。スーパーカップではないのだ。というか、アイスがあることに驚きだ。



その後日本時間21時、ニューヨーク時間8時に出された朝食がこちら。


白身魚定食とパンケーキを選べて、私が選んだのはパンケーキ。正直、白身魚にしておけばよかったと食べて後悔した。不味くはないのだが、飛行機で疲れた体にパンケーキとフライドポテト、卵の組み合わせはキツかった。ヨーグルトがあるのが救いだ。

この他にもスナック菓子程度の軽食が出た。


NH109 ニューヨーク(JFK)(18:15) → 東京(羽田)(翌日 21:15)の機内食


申し訳ないが、何と選べたのか忘れてしまったが、私が選んだのはこれだ。こちらも乗って早々に出される夕食扱いの機内食だ。手前がカレーとコロッケ弁当で、奥の三皿が左からなんだか得体の知れないサラダ(本当に何かわからないのだ。すごく硬いカニカマのような食感だった)、枝豆きんぴら卵焼き、UDONだ。右にある青色の物体がUDONのツユである。枝豆以外全部美味しかった。意外や意外、UDONもベリーベリーデリシャスだ。もちろんデザートはハーゲンダッツ。


ニューヨーク時間朝5時に出されるのがこちらの朝食。時間早えよ!


朝5時に叩き起こされたせいでこの時の記憶ほとんどない。どうやら私は洋食を選んだようだ。美味しかった記憶がない。これが本当に不味かったのか、はたまた眠気でそう感じたのかは不明だ。ただ、このヨーグルトがものすごくコッテリしていて吐きそうになりながら食べていた記憶がある。

この他にスナック菓子とサンドイッチが出た。サンドイッチは確か始めと最後の食事の中間に出た。要するに真夜中である。とてもしょっぱく美味しくなかった。


その他、ANAのサービス

エコノミーの座席にもUSBポッドが付いているのでiPhoneを充電できる。



液晶はタッチパネルだが抵抗膜方式なので反応が悪い。画質もあまり良くない。そうは言っても、動画はiPhoneに入れたものを見ていたので大した問題ではない。液晶はなくても良いくらいだ。



乗務員のサービスをいうと素晴らしいの一言だった。私はアリタリアに何度も乗っているのでそのアリタリアとの比較になってしまうが、同じエコノミーでもここまでサービスに違いがあるのかと思うほどANAのサービスは素晴らしかった。なんと喉が乾くとお姉さんが冷たい飲み物を席まで持ってきてくれるのである。しかも氷まであるのだ。エコノミーでこのサービスである。その素晴らしさに感動してしまった。

ちなみに、アリタリアでは喉が乾くと自ら機体後ろに取りに行くのだ。iPadで遊んでいる乗務員がいるが気にする必要はない。温くなったコーラをコップに入れて席まで持ち帰ろう。ニューヨークへ行く航空会社はいくつもあるが、ANAを選べま間違い無いだろう。もちろんJALでも良いと思うが。

ニューヨークを旅行する前に知っておくと便利な事

ニューヨークを旅行して感じた事前に知っておくと便利だろうと思う事を書く。旅行前に思っていた事と違う事も多かったので参考にしてほしい。



地下鉄


地下鉄は一律料金で、入場改札で金を引かれる。便利だが乗り間違えるので乗り放題切符を買う事をおすすめする。切符と言ってもSuicaのような立派なものではなく、テレホンカードのような物だ。改札も電車も時代錯誤の骨董品で、電光掲示板の付いた電車に乗れたらラッキーと考えておけば間違いない。電光掲示板と言っても豆電球なのだけど。

団塊の世代はニューヨークの地下鉄というと修羅の国のイメージがあるだろうが、今は時間帯を間違えなければ安全だ。みんなiPhoneをいじりながら乗っている。ただ、まれにダンスパフォーマンスが繰り広げられる。

ニューヨークの地下鉄は迷う迷う。今いる駅名は壁にタイルで書かれている。もっとわかりやすい看板を出さんか!


日本のように改札を入ってから対向車線に行く事ができない駅が多い。目的地に行く電車は路線図で色のついた丸に英数字が書かれているので分かりやすい。その電車に乗ればいいのだ。ただ、どっちに行くか不明なため幾度となく反対方向の電車に乗ってしまった。


気がつけば至極簡単で、地下鉄の入口の看板に英数字とともに「Down Town」「Up Town」と表記されている。地図の上の方向に行きたい時はUp Town、地図の下に行きたい時はDown Townと書かれた入り口に入ると間違わない。しかし、Up Townの入口があれどDown Townの入口が何処にあるのかわからないなんて事が多発する。これは聞くのが一番早い。「I wanna go Down Town. どこ?」で通じる。

ちなみに、地下鉄はフリーWi-Fiが飛んでいるのでGoogleマップを使って乗り換え検索などを利用するといい。


バス


路線バスは快適だ。地下鉄と同様で一律料金の前払い。地下鉄の乗り放題切符が使える。ただし、まれに来る急行バスは例外。Limitedと書かれているから分かるだろう。

さらに、道路が一方通行な場合が多いのでバスの番号さえ間違わなければ乗り間違える事はまずない。しかも外の景色を眺めながら移動ができる上、iPhoneがGPSを掴んでくれるので降り損ねる心配もない。


スーパーマーケット

価格表示が二つある場合があり始めは混乱する。Unit priceという表示があるのだ。これは箱買いした場合の価格。だが、見る限りバラ売りはされていない。どうするのか? 簡単な話で自分でバラすのだ。箱やビニールを破って出すのだ。綺麗に陳列された日本では考えられないが、よくよく思い出すとイタリアでもそうだった。海外では当たり前なのだろうか?


トイレ

トイレは無い無いと言われている割に多くある。観光客が訪れる名所にはあるのでトイレに困る事はないだろう。しかも無料だ。それでも急な場合はカフェやマックにある。ただし、レシートに書かれた暗証番号が必要な事もあり、何か買う必要がある。


Wi-Fi

観光名所、地下鉄、図書館、美術館、カフェなど、殆どの場所でFree Wi-Fiが飛んでいる。なのでわざわざプリペイドSIMを買う必要はない。カフェはパスワード付きの場合が多く、レシートにパスワードが書かれているので何かしら買おう。


街の治安


変な時間に出歩かなければ安全だろう。地元民もiPhoneをいじりながら歩いている。露天商と客引きも無視すればしつこくない。ただし、汚い。ところどころドブ臭くゴミ袋だらけだ。回収が遅いのだろう。


現金の必要性

私が旅行中に使った現金は100ドル以下だった。正直、ドルはホテルのチップ分だけあれば十分だ。お釣りの確認がめんどくさいという意味でもカード払いをオススメする。いくら使ったかを把握するために家計簿アプリを入れておくといいだろう。

日光東照宮より二荒山神社! ポップな三猿はやっぱりポップだった。

日光東照宮を観に行ったもののがっかり。対照的に二荒山神社が想像以上に良かったので紹介したい。



はじめに


日光東照宮に行くにあたり、浅草から東武日光まで『けごん』という電車を使った。これには新型の『リバティけごん』というのもあるが、乗るなら絶対に『リバティけごん』にするべきだ。行きは『けごん』、帰りは『リバティけごん』を利用したのだが、あまりの差にビックリした。『リバティけごん』は綺麗な上、コンセントも付いている。トイレもホテルのトイレのように快適だ。まあ、乗り比べて差を確認するのもありだが。


こりゃあかん東照宮



本題。日光観光の目玉とも言える日光東照宮。つい最近お披露目となった陽明門は綺麗に塗り替えられているのだが、きらびやか過ぎてどうも落ち着かない。いや、もともときらびやかであって、その姿になったのであろうけど、タイのド派手な仏像に有り難みを感じられないあの現象だ。


問題児、三猿


これがこのほど一悶着を起こしている三猿である。私も実際に観るまで思わなかったが、確かに目がパッチリし過ぎている。ポップだ。修復の際に前々回だかその前だかの三猿を元にしたため、前回の三猿と違ってしまったようだ。今回が特別顔が変わったわけでもなく、修復の度に変わっているようである。だが、修復のたびに顔を変えて良いのだろうか? それはもう修復でなく整形である。キリストの壁画状態(おばあちゃんが勝手に修復したあれ)だ。


おすすめは断然、二荒山神社



日光東照宮より徒歩3分の位置に、同じく世界遺産となっている二荒山神社がある。縁結びや安産の神社という事だが、かなりおすすめである。値段も安い。日光東照宮1,400円、二荒山神社200円。


まず何と言ってもこの落ち着いた雰囲気が良い。派手さは無いが凛と佇む。



かと思えば、やっちまったぜ萌化! ご当地萌えキャラ日光版らしい。私はオタクだが、何でもかんでも萌化するものではないと思う。



霊水。飲むと御利益があるようだが、湧き水は菌がいそうで直接飲むのに抵抗があるので、その水を使った抹茶を隣の喫茶店で頂く。気にしない人はペットボトルに入れて持ち帰れるのでどうぞ。




杉の木に楢の木が接ぎ木(おそらく自然に)されているので、縁結びに良いということのようだ。解説の看板に「すぎ(き)ならいっしょに! 好きならばと一緒になりました」と書かれている。スギとナラの木だからなのだろう。は? 楢の木とはどんぐりの木のことだ。



見ての通り、左は杉、右は楢になっている。



そして、猫もお祈りしている。



そろそろ気づくと思うがこの神社、所々ふざけている。と言った感じで、かなり楽しめた。観光客も東照宮に集中しているので二荒山神社は結構空いていておすすめだ。是非とも行って欲しい。