ドコモの通信障害はiPhone5発売の下準備が原因か!?

ここ最近ドコモの通信障害が目立つ。それは関東だけの話ではなく、130日東北、27日関西、28日近畿、このように全国に渡って問題が起きている。

何故ここまで問題が起るのだろうか?
何故ここまで急いで工事を進める必要があるのだろうか?
単純にスマートフォンが増えた事によるトラフィック問題解決の為なのだろうか?


俺は暇つぶしにこんな妄想をしてみた。

某日:クパティーノApple本社にて
docomo(以下d)「iPhoneの事なんですが……
Apple(以下A)「ああ、どうやらその時が来たようだな」
d「ありがとうございます」
A「ドコモの独自規格は入れないがいいよな?」
d「はい。弊社といたしましても、悠長な事は言ってられなくなりまして」
Aauの件か?」
d「はい。SBさんが終わると思っていたのですが……
ASBはさして変わらず、ドコモから客が出て行った」
d「お恥ずかしい話でございます」
A「我々としてもドコモとの契約は新規ユーザーの獲得に大きく貢献すると考えている」
d「ありがとうございます」
A「で、契約の条件なんだけどさ」
d「はい……
A日本でもトラフィック問題が深刻化しているらしいね?
d「お恥ずかしい話でございます」
A「ドコモは大丈夫なの?」
d……、今のところ大丈夫でございます」
AiPhone5が出ても耐えられるのかって聞いてんだけど?
d「いや、その、あの」
AiPhone5は最高のiPhoneになるんだよ。わかる?」
d「はい、承知しております」
A「多くのユーザーがiPhoneでのwebSNS、その他多くの体験を楽しみにしている」
d「はい、十分承知しております」
A「なのにトラフィック問題で楽しさが半減したらどうする?」
d……
AiPhone5ではなく回線の問題なのに、iPhone5の評価が下がったらどうする?
d……
AiPhone5発売の3ヶ月前までに通信回線を強化しろ。それが条件の一つだ
d「発売はいつなのでしょうか?」
A「それはまだ教えられないが、夏前とだけ言っておこう」
d「夏前! 時間が足りません……」
A「じゃあ急げ」
d……、承知いたしました」
A「通信回線の強化なんだが、今の100倍の通信量に耐えられるようにしろ」
d100倍ですか!?」
A「そのくらいのつもりでやれってことだ」
d「はい、なんとかします」

Appleがドコモに突きつけたiPhone5販売条件の一つがトラフィック問題の解決であった。その無理難題をクリアすべく、ドコモは今日も急ピッチで回線工事を進めるのであった。

fin


この妄想が真実か否かはいずれわかるかもしれませんねw

このエントリーをはてなブックマークに追加