Macを買ったら是非入れたい、5つの無料アプリ。


新生活が始まる4月。今年からMacを使い出す人も多い事だろう。そこで今回はMacを買ったら是非入れたいアプリケーションを紹介したい。それもすべて無料!


2GBまで無料で使える言わずと知れたクラウドサービス。学校や会社に着いてからレポートを入れたUSBを家に忘れて来た事に気づいても手遅れだ。レポートをDropboxへ入れておけば学校や会社のパソコンから取り出せる。MacDropboxをインストールすると専用フォルダーが出来るので、アップロードする手間を感じない。また、iPhoneiPad用のappも存在するのそちらもダウンロードしておけばますます便利だ。


2. Skype
Skype同士なら無料で通話やチャットが楽しめる。ビデオ通話ももちろん可能だ。さらに、プリペイドプランや月額プランを購入すれば格安で世界中の固定電話や携帯電話と通話が可能になる。日本国内の携帯電話へは普通に携帯電話から電話した方が安い場合が多いので注意したい。さらに、非通知扱いになるのも気をつけたい。


3. VLC
QuickTimeでは再生できない動画も多い。そんな時はVLCが便利だ。「このアプリケーションで再生できない動画はない」と言っても過言ではない程の多彩なコーディックに対応している。


4. OnyX
Macを使えばそれだけキャッシュもたまる。キャッシュはデータ転送を高速化する為の記憶システムなのだが、たまり過ぎると逆に動作が遅くなる事がある。そんな時はキャッシュを空にすれば良い。そこで登場するのがOnyXだ。OnyXを使えばキャッシュの削除だけでなく、簡単なMacのシステムメンテナンスも行える。だだ、このアプリケーションは上級者向けの機能も備えているので気をつけて使わないとMacがスクラップになる可能性もある。使用する場合は十分注意したい。


いろんなアプリケーションをインストールしたものの、結局使っていないアプリケーションを消したいと思ったらこれ。単純にアプリケーションをゴミ箱へ放り込むだけでも良いのだが、それでは関連ファイルまでは削除できない。使われない関連ファイルをいつまでも残しておいても仕方がない。AppCleanerは関連ファイルも削除できる優れもの。削除したいアプリケーションをドラッグ&ドロップで簡単に削除しよう。


これで今から楽しいMacライフを送れる事だろう。だだ、たとえどんな状態になっても復元できるよう、TimeMachineなどで常にバックアップしておく事だけは忘れてはいけない。

このエントリーをはてなブックマークに追加