Siriを有効活用しよう! 〜Siriの便利な使い方〜

皆さん、Siriを使っていますか? 「君が好きだ!」「愛している!」「私の事をご主人様と呼んでくれ!」等とくだらない事ばかりにSiriを使ってはいませんか?

もっとSiriを有効的に使いましょう。そこで今回はこんな時に使うと便利な発言を紹介します。


1. 「〇〇時間後に起こして」
ちょっとうたた寝したい時に便利なのがこの発言。注目なのは「〇〇に起こして」ではなく、「〇〇時間後に起こして」と言うところ。うっかり午前午後が間違う事もなく、人に頼んで忘れられる事もないので便利だ。




2. 「〇〇を再生」
聴きたい曲が決まっているのならばSiriに頼んだ方が手っ取り早い。どのアルバム、プレイリストに入っていたか忘れても問題ない。問題は曲名を忘れたらどうしようもないと言う事だ。歌詞を口ずさんだら続きを再生してくれると良いのだが……




3. 「買ってくるもの 〇〇、〇〇、〇〇。をメモしてくれ」
もう買物内容を紙に書く時代は終わった。冷蔵庫を覗きながら必要な物をSiriにメモしてもらおう。




4. 「今日の午前7時にレポートを持っていくのをリマインド」
忘れ物をよくする人はSiriに助けてもらおう。電話や面接などの用事がある時にも応用で使える。そして何より、日付と時間指定のリマインドを手動でやると案外手間なのだ。Siriを使う事でだいぶ楽になるだろう。




5. 「少し遅れると〇〇にメッセージを送信」
一言伝えるだけならばSiriを使った方が断然早い。ここで注意したいのが「少し遅れると〇〇にメールを送信」ではないという事。使うのはSMSであってMailではないという事だ。Siriを使ってメールを書く事ももちろん可能だが、手動に勝る便利さがあるかと言えば疑問になる。というのもメールだと宛先、件名、本文と3つの項目をSiriに言わなければならないからだ。「少し遅れると〇〇にメッセージを送信」意外に、「少し遅れると〇〇に伝えて」と言ってもSMSで送る事が出来る。




いかがだっただろうか。これでSiriもアシスタントらしくなるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加