で、iPhone5は”買い”なのか?




先日、iPhone5が堂々発表された。”New iPhone”ではなく”iPhone5”で登場したのは少し驚きであった。それはさておき、今我々は重大な選択を迫られている。それは、買う買わないかと言う選択だ。


私の考えでは、今現在iPhone4以前のモデルを使用している人は間違いなく買うべきである。SiriiPhone4S以降でないと使用できないし、iPhone4A4チップでは現在出ているすべてのappを快適に使用する事が難しいからだ。メモ系appならば問題ないだろうが、ゲーム系、写真や動画を編集する類いのappを使う場合は落ちたりカクカクする可能性がある。さらにカメラの性能もiPhone5ではiPhone4以前のモデルと比較にならない程美しくなっているだろう。


さて、一番厄介なのがiPhone4Sを使用しているユーザーだ。まさしく私の事である。まず結論を言うと、私はiPhone5を買わない。「今iPhone4S使っているんですが、どうしましょう?」と尋ねられても「まだ買うな」と言おう。何故ならば先程あげたiPhone4以前のモデルを使用している人が買い替えるべき理由にiPhone4Sは該当しないからである。とある情報によれば、iPhone5のベンチマークはiPhone4S2倍以上だそうだ。しかしながらiPhone4Sの私はappの処理にストレスを全く感じていない。iPhotoを使って写真を編集する時もスムーズである。また、カメラの性能にも十分満足している。iPhone5では色彩表現やノイズ処理がアップしたらしいが、買い替える程の違いが出るとは思えない。パノラマ機能も冷静に考えれば必要ないだろう。


そして買い替えたくない理由がもう一つ。それは多くのappが新しいディスプレイに最適化されるまでに少し時間がかかると言う事だ。せっかくの大きいディスプレイも宝の持ち腐れになっては何の意味もない。もちろんAppleの公式appは新しいディスプレイに最適化されるだろうが、サードパーティーのappはそうもいかない。数ヶ月かかるappもあるだろうし、下手すれば対応しないかもしれない。次のiPhoneが出る頃には殆どすべてのappが最適化されているだろう。


しかしここで気持ちが揺らぐ因子が一つ。LTEとデザリングだ。だが冷静に考えれば今の私にはどちらも必要ない。あれば便利だろうが、それを目的にして買い替える程の必要性はない。3Gの速度は遅いが、主にメールチェックとネットサーフィンに使用しているのでストレスになるほどではない。それに私の行動範囲には大概Wi-Fiスポットが設置されているのでYouTubeなどを楽しむ場合も問題ない。馬鹿の一つ覚えでデザリングデザリングと連呼する人もいるが、果たしてデザリングはそこまで必要だろうか? マクドナルドにスターバックス、駅、最近ではコンビニにもWi-Fiスポットが設置されている。有料と言っても数百円だ。私はあえてデザリングをしてiPhone以外のデバイスをネットに接続しようとは思わない。そもそもiPhoneで大概の事はこなせるだろう。


とまあ、こんな具合で買う買わないについて書いたわけだが、結局決めるのは買う本人なわけである。「今買ったら特」「今買ったら損」という考えはヤメ、「今欲しいから買う」「今欲しくないから買わない」と考えるのが最良なのかもしれない。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »