iOS6のMaps appはクソッタレだった!




巷で騒がれている非Googleで作られたiOS6のマップを紹介しよう。私はこの新しいマップのおかげでiPadiOS6へアップデートしたものの、iPhoneは保留にしている。サードパーティーの使いやすい詳細なマップが出るまでiOS6へのアップデート予定はない。おそらくGoogleが出してくるだろう。

ちなみに、SafariからGoogleMapへアクセスすれば従来のように使えるが、若干使い勝手が落ちるので、やはり専用のappが欲しいのである。




若干の比率の差はあるものの、違いはわかるだろう。

1, 東京駅
Google (iOS5)


Apple (iOS6)



2, 信州善光寺
Google (iOS5)


Apple (iOS6)



3, 富良野駅
Google (iOS5)


Apple (iOS6)



4, Apple
Google (iOS5)


Apple (iOS6)



全体的にAppleのマップは緑が多い気がする。さらに国道標識も必要以上に多く、飲食店の記載も多い。しかし目印になるような建物の記載が少ないのだ。とくに信号の記載が一切ないのである。これは困る。特に私は信号の数を目安にするので不便極まりない。




ルート検索も見てみよう。

東京駅~長野駅
Google (iOS5)



Apple (iOS6)




こちらはAppleのマップの方が便利に思える。Google1ルートに対してAppleでは3ルートが選択された。Googleのルートと似ているルートを選択して比較すると、ルート説明や表示方法などAppleの方が見やすく分かりやすい印象を得た。ただ、日本では渋滞情報などが使えないため、実際に運転して目的地まで行くとなると印象は変わってくるかもしれない。




いかがだっただろうか? あなたはどちらのマップが好みかな?


上記のマップ情報は2012921日のものです。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »