iCloudに迷惑メール Dr.OZやChristine MeyerからiCloudのメールアドレスに迷惑メールが来る


2012,11,17
上の写真の迷惑メールが来る。小生は迷惑メールを経験するのは初めてであり、驚きを隠せない。何よりも、ネットショッピング用のアドレスではなく、友達専用のアドレスに来た事に驚いた。ここで小生は「さては友達の誰かがスマホでスパムアプリをインストールしてアドレス帳のデータを持って行かれたな」と予想。しかし、僕は友達が少ないし、セキュリティー面に疎いやつはいないためややその考えには無茶があった。だが俺は友達を疑った。



2012,11,25
またしても同じ迷惑メールが来る。今度は宛先が"undisclosed@me.com"で小生のどのアドレスに来たかわからなくする形式で来た。画像は以前来たものと同じで、クリックするとウェブサイトへ飛ばされる仕様も以前と同じ。『The Spam Mail』である。


この件について調べると次の事が判明した。
@me@icloudのアドレスを使う多くのユーザーの元に届いている。
・他のユーザーにも全く同じ内容のメールが届いている。
・差出人は"Christine Meyer""Dr.OZ"である。
Dr.OZはアメリカの健康番組に登場する医者。Christine Meyerは不明。
Appleからメールアドレスが流出したかは現段階においては不明。
・全く使用していないアドレスにも届いている模様。
・画像をクリックすると詐欺サイトへ飛ぶ。


この画像をクリックするとどうなるか? 小生は身体をはった。いや、Macをはった。
画像のURLをコピーすると ttp://e2-92net/nmbaxqprberry1web01otkt URLである事が分かった(間違って皆がクリックしないように"h"を取って"."""に変更してあります)。しかしクリックすると上記のURLではなく newfxscom URLに飛ばされる。正確には一瞬 ttp://e2-92net/nmbaxqprberry1web01otkt へアクセスした後 newfxscom へ飛ぶのだ。


これがそのURL先のウェブサイトである。


何処かで見たことあるような? 実はこれ、FoxNewsのウェブサイトそっくりなのだ。ちなみにNewYorkTimesのウェブサイトに偽てある詐欺サイトは多々存在する。そして、アメリカのウェブサイトに偽てある事からこのスパムメールのターゲットが主にアメリカのユーザーである事がわかる。無作為に送っているので日本のユーザーにも届いているのだろう。


そしてこちらが本家のFoxNewsのウェブサイト。


ほらそっくり。迷惑メールのURL先のウェブサイトにもFoxNews同様に"Video""Politics"などの項目がありクリックも出来るのだが、すべての項目が www466getraspberrydropscom というウェブサイトへ繋がっている。賢いのがTwitterのアカウントだけ本家FoxNewsアカウントという事。


で、その詐欺ウェブサイトがこれだ。


物凄くインチキ臭が漂うウェブサイトだ。ここで購入する奴はもう救いようがないって程に。おそらくお金が貯まる財布など買ってしまう奴しか買わないだろう。


そして、ウィンドウを閉じようとするとご丁寧にポップアップが。


これはSafariのポップアップなのだが、そうやたら滅多に出現するものではない。個人的な感覚だが、迷惑サイトを閉じる時によく出現する。


とまあこれが小生の元に来た迷惑メールの概要である。皆さんはくれぐれもわけのわからないメールの画像をクリックしないようにしましょう。そして、セキュリティーソフトを入れ、常に最新の状態に保ちましょう。ちなみに小生はNorton先生です。

このエントリーをはてなブックマークに追加