iPhone, iPadをインターネット共有でWi-Fi接続する方法




家や旅行先のインターネット環境が有線で、iPhone, iPadWi-Fi接続できない場合がある。大きいサイズのappをダウンロードできないのでとても不便だ。そんな時はこの裏技が約にたつだろう。


裏技はとてもシンプル。インターネット共有iPhone, iPadMac経由Wi-Fi接続するのである。それでは、そのやり方を見てみよう。


始めにMacで行う事
1, システム環境設定を開き、共有をクリック。



2, コンピュータ名に任意の名前を入力して”enterキーを押す。ちなみに、このコンピュータ名は第三者が見ても問題ない名前にする事。共有中はこの名前が第三者のコンピュータ上に表示されるため。



3, 共有する接続経路をクリック。



4, 自分のMacがインターネットに接続されている経路を選択する。私のMacは、PPPoEで接続されていたので、PPPoEを選択した。



5, 相手のコンピュータが使用するポート”Wi-Fi”をチェックする。これはMaciPhone, iPad間をどのような形式で接続するかというもの。Wi-Fiで接続したいのでWi-Fiを選択した。



6, ”Wi-Fiオプションをクリック。



7, セキュリティをクリックし、”WPA2パーソナルを選択。任意のパスワードを設定し、”OK”をクリック。この設定を行わないと、誰でもインターネット共有できてしまう状態になるので絶対に設定すること。



8, 左側のチェック覧のインターネット共有をクリックする。



9, このようなポップアップが表示された場合、”Wi-Fiを入るにするをクリック。



10, 通常はこのポップアップが表示されるので、開始をクリック。



次にiPhone, iPadで行う事
1, ”設定appを開き、”Wi-Fi”をタップ。今、Macで設定した共有ネットワークが表示されているのでタップ。



2, パスワードを入力接続をタップ。このパスワードは先程設定したパスワード(上記説明の7番)。



3, これで、iPhone, iPadMac経由でインターネットに接続された。



私の使っているのが光回線なので、インターネット共有しているiPhone, iPadもなかなか速い数字が出た。




ちなみに、この方法はMacを経由してインターネットに接続しているので、Macの電源を落とすとiPhone, iPadのインターネット接続も切れてしまう。そして今回の方法はあくまでもその場しのぎ程度に考え、Wi-Fiを頻繁に必要とするならば、ちゃんとWi-Fiルーターを買った方が良いだろう。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »