海外旅行で時差ぼけを抑える3つの方法




海外旅行へ行って、厄介になるのが時差ぼけだろう。そこで、私が実践してみて、効果があった時差ぼけを抑える方法を3つ紹介する。


1, 海外の現地時間を意識する
単純なようでこれが結構重要。日本にいる時から旅行先の現地時間を意識する事。今はスマートフォンなどですぐに現地時間を表示出来るので簡単だろう。


2, 搭乗したら時計を現地時間にセット
搭乗したら降りる時は海外なのだから、すぐに時計を現地時間に設定する。そしたら、後はその時間で普通に過ごすだけだ。


3, 機内の「寝る雰囲気」で寝ない
なんだかんだでこれが一番重要。飛行機に乗っていると、ライトが暗くなり「さあ! 寝てください!」と言う雰囲気になる。多くの人がこのタイミングで寝てしまうが、それが重大な誤ちになる。旅行先の現地時間が通常寝る時間帯でなければ寝てはいけな。例えば、機内の寝る雰囲気の時に、旅行先の現地時間が朝の9時ならば寝るべきではない。逆に、機内が明るくても、旅行先の現地時間が夜の12時ならば寝るべきだ。


これら3つの方法で時差ぼけを極力抑える事ができる。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »