アリタリア航空に乗った感想と機内食の写真【旅録】




今回のイタリア旅行成田国際空港からミラノへの直行便JALの直行便が無い為、アリタリアを利用する事に。


正直、アリタリアにそこまで素晴らしいサービス精神は期待できない。もちろん乗るのはエコノミーで、サービスを要求するならファーストクラスに乗れと言う話しだが、そうはいかない。


アリタリアはドリンクがセルフサービスで、わざわざ後ろの方まで取りに行かなければならない。エコノミークラスでも以前乗ったJALは流石のサービスだった。しかし今回はアリタリア、郷に入っては郷に従えだ。


これがそんなアリタリアのエコノミークラスの座席。



しかし普通のエコノミークラスとちょっと違う。今回は三人旅行だったのだが、エコノミークラスの3席並びが確保できないと言われ、仕方なく一人60ユーロ追加料金を払い、エコノミーコンフォートと言うエコノミークラスより若干広い座席と組合せ、3席並びを確保する事になったのだ。


写真の座席は足元の金具があるせいでエコノミークラスだが、座席間隔エコノミーコンフォートシートと同じ。座席間隔が広めで思いのほか快適だった。12時間も乗るのだから、60ユーロの追加料金は安いと考えて良いだろう。ちなみに、座席の液晶モニター不具合で上手く映らなかった。よくある事だ。


そしてこれがアリタリア機内食



日本食イタリアンが選べたのでイタリアンをチョイス。左上がペンネ。乾燥してプラスチックみたいに硬い部分もあったが美味しかった。右上がサラミ人参の盛り合わせ。そして手前がフルーツチーズパンクラッカーだ。


こちらは軽食として出された機内食



右上はチョコレートケーキ。そしてこのサラミハムが物凄く美味しかった。しかしパンは不味かった。


ちなみに食事中、乱気流突入し若干酔いながらの食事となった。そして、乱気流の揺れが原因でホットドリンクの提供が中止された。イタリア人のことだから、乱気流は言い訳で、本当は面倒くさかったのではないかと思う。


そんなアリタリアも他社に負けない点がある。それは、キャビンアテンダント美男美女の多さだ。何処のモデル事務所かと思う程レベルが高い


そんなこんなのアリタリア航空。イタリアに行く際は一度くらい乗ることになるだろう。お楽しみに。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »