iCloudのストレージ容量を節約して無料で使う方法

iPhoneを使っていると、意識せずともバックアップをとってくれるiCloudというシステムがある。無料5GBストレージが利用でき便利だ。しかし、5GBが大きいようで油断すると足りなくなる。そこで今回は不必要バックアップiCloud上から削除する方法を紹介する。


まず始めに何をやるかの概要を書くと、iCloud上にはダウンロードしたappのデーターが自動でバックアップされる。中にはどうでもいいappのくせにやたら容量の大きなappがあったりする。それを削除しようと言うのが今回のお話。


1, 設定appから”iCloud”をタップ



2, ストレージとバックアップをタップ



3,ストレージを管理をタップ



4, 任意のデバイスをタップ



5, バックアップオプションで不必要なappのバックアップをオフにする



6, オフにして削除をタップ



以上でバックアップが削除される。


私の場合はカメラロール以外殆どオフにしている。ゲームに命をかけている人にはなかなか難しいかもしれないが、ゲーム系のappは全てオフにしている。というのも、私はiCloudのバックアップはあくまで補助で、定期的Macフルバックアップしているためだ。


また、カメラロールの写真も古い物はMacに取り込んでiPhone上から削除する事でもバックアップ容量を抑える事が出来る。ただし、iPhone上から削除した写真はiCloudにバックアップされないので注意したい。その辺はDropboxを使うなどの工夫でどうにでも出来るだろう。


それでも5GBでは足りないという人はストレージプランを変更するしかないだろう。今回は無料の5GBプランで事足らす事が目的なので、ストレージプランの変更についてはiCloudにストレージを追加する方法』の記事を参照して欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加