FUJIFILM X-M1を触った感想 X-E1と比較して




FUJIFILMX-M1を実際に触ってきたので、今回はそれについて書こうと思う。実際に触って分かるイメージと違う点がいくつかあった。


・そこまでコンパクトではない
物凄くコンパクトなカメラと言う印象があったが、実際に見てみるとそこまでコンパクトではないし、驚くほど軽くもない。他社のミラーレス機種と比較すると、若干大きく若干重い印象を受けた。そもそも、X-E1がミラーレス機のなかでは大きい方なので、X-M1普通サイズになったと言う方が良いかもしれない。そしてそのX-E1と比較して、確かに小さく軽くなったが驚く程ではない


・性能は犠牲にしない
「そこまでコンパクトではない」、それは単なるミラーレス機種ではなく、X-E1性能を小さいボディーに詰め込んでいるためだろう。あくまでもそこは女性初心者向けの商品というより、カメラ好きの人をターゲットにしているからだろう。性能は犠牲にしないという事だ。

X-M1APS-Cセンサーでありながら、フルサイズ並の画質を可能にしている。これはカラーフィルターを独自の配列にする事で、モレア制御フィルターを取り除く事が可能になり、光をダイレクトに受け止める事ができるためだ。これはX-E1から受け継いでいる重要な機能の一つだ。


・ボタンが少ない
X-E1に比べると、圧倒的にボタンの数が少ない。一眼レフに慣れている私は直ぐに必要な調節が出来ないのは使いにくい印象を受けた。まあ、そこは慣れの問題だろう。ちなみに、シャッター速度優先絞り優先の時は、ダイヤルボタンで調節出来る。


・モードダイヤルは搭載
モードダイヤル(簡単撮影やマニュアル撮影に切り替えるダイヤルボタン)は便利な機能だろう。シャッター速度優先絞り優先を頻繁に切り替える私にはありがたい機能だ。このモードダイヤル、X-E1は非搭載である。ちなみにX-E1の同位置にはシャッタースピード専用ダイヤルが搭載されている。正直、アナログ撮影をするユーザーにとってはこちらの方が便利かもしれないが。


・フォーカスがもたつく
フォーカス速度は想像より遅かった。ストレスになるほど遅くはないが、決して速くはない。当然、レンズ光量でも変化はするだろうが、私が操作した時は遅く感じた。動きの速い被写体には不向きだろう。


・シルバー色は剥げる
X-E1と同じく、シルバー色は剥げる。シルバーの塗装が剥げ黒い下地が見えてしまうのだ。特にカメラ下部などのよく擦れる場所に見られる。ブラックの方はそういった部分は見られなかった。



これらが実際に触ってみた感想だ。買いたいかと言えば見送りだろう。なんだか中途半端にハイスペック、プロアマのどっちつかずという印象を受けた。女性初心者に向けてなら、CanonEOS Mのように可愛らしいボディーにするべきだし、カメラ好きプロ向けならX-E1のような操作性が良いわけだ。


ふと思ったのは、カメラマニアになりかけの人X-E1, X-Pro1を買うんじゃないかという事。例えばCanon一眼レフのように、上位機種30万円50万円とかなり高価だ。初心者向けKISSシリーズは数万円だ。カメラマニアになりかけの人はおそらく30万円、50万円のカメラには手を出さない。かといってKISSシリーズでは満足できない。そこで中間機種とも言える10万円20万円くらいのカメラを手にしてみる。私がそうだ。


しかし、ミラーレス一眼上位機種でも一眼レフに比べればかなり安い。決して手が出ない値段ではない。だったら中間機種より思い切って上位機種を買ってしまうだろう。そういう考えがあるため、X-M1の評価が自分でも思ったより高くなかったのだと思う。逆にX-E1が欲しくなったくらいだ。


FUJIFILM デジタル一眼カメラ X-M1 Wレンズキット ズームレンズ付属 1630万画素APS-C ブラック F X-M1B/1650/27KITFUJIFILM デジタル一眼カメラ X-M1 Wレンズキット ズームレンズ付属 1630万画素APS-C ブラック F X-M1B/1650/27KIT


富士フイルム
売り上げランキング : 41229

Amazonで詳しく見る

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »