【都市伝説】iPhone 5S Touch ID 指紋認証機能の真相

iPhone 5Sから搭載されたTouch IDと呼ばれる指紋認証機能。その指紋データーはサーバーに保存される事はなく安全なシステムAppleは言っている。しかし、それは表向きの宣伝文句


実は、Apple連邦捜査局FBIと手を組み、ユーザーの指紋データー密かサーバーへ送っているのだ。サーバーに集められた膨大な指紋データーFBIの犯罪者リスト照合される。テロ組織逃亡中の凶悪犯罪者指紋データー照合されるのだ。


もし、テロ組織逃亡中の凶悪犯罪者iPhone 5Sを使ったらどうなるか? もうおわかりだろう。iPhone 5Sに搭載されたGPS通信記録により詳細な場所を突き止め、そこにFBIが行くのだ。また、テロ組織メンバー通信居場所監視するだろう。


さらにその指紋データーは、アメリカ国籍以外のユーザーがアメリカへ入国した際にも使われる。アメリカで何らかの犯罪犯しFBI指紋を採取された場合、Apple指紋データー照合しすぐに犯人突き止める仕組みだ。


これがApple iPhone 5S都市伝説信じるか信じないかはあなた次第です

このエントリーをはてなブックマークに追加