【解決方法】OSX Mavericks Time Machineのバックアップ速度が遅い問題

OSX Mavericksにアップデートしてから、Time Machineのバックアップが物凄く遅くなった。暗号化でバックアップしている事を念頭に入れて考えてもかなり遅い。何よりも、一つのHDDに至っては、途中でエラーになる始末だ。


MacBook Proの時にも同じHDDがエラーになった事があったので、そのエラーはそのHDD固有の現象と思われる。しかし、バックアップ速度が遅いというのはもう一つのHDDでも起った現象なので、少なからずMavericksに問題があると思われる。



意外な解決方法

上記を読んでわかる通り、「バックアップが遅い」と言う困った問題だが、意外な解決方法を私は発見した。「解決方法」と書いたが、正直「方法」ではなく、「こういうことじゃないかな?」という漠然とした考えである。


それは、バックアップ速度は従来のOSX Mountain Lionと同等の速度が出ている。しかし、表示されるバックアップ進行状況の更新が遅い。つまりは、

「実際のバックアップ進行状況」「表示されているバックアップ進行状況」

という事が起っているのだ。故に、「バックアップが遅い!」と感じてしまう。


現に、222MB/66GBの進行状況表示のまま一行に進まず、30分程経過し突然バックアップが終了した。つまり、表示は更新されないがバックアップは順調に進んでいたのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加