鶴岡八幡宮 初詣レポ

鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣に行って来たのでそれを書く。14日に行ったため、少しは空いているかと思ったが決してそんな事もなく、すごい参拝客の数であった。




始めは「何も正面から行くこともあるまい。横からお詣りしよう」と思い横を進んで行ったのだが、なんと一方通行になっており、お詣りをするにはこの列に並ぶしかないという事が判明。


しかも、入場規制が行われ、写真の矢印の場所で一定人数に分断されるのだ。そして、ある程度時間が経過すると次の人達が入場出来る仕組みだ。




困ったのは、大掛かりな神事が行われると完全に列が止まってしまう事。これは参拝客が神事を観るために立ち止まってしまうのではなく、神事の妨げになってしまうので神社が入場を止めてしまっているためだ。




そんなこんなでかれこれ一時間、ようやく入場出来た。参道の中間辺りから並び始めて一時間、振り向くと列は参道の入口にまでのびていた。おそらく、入口からだと二時間近く並ばなければならないだろう。


「これでやっとお詣りができる」と思ったが甘かった。なんと、階段前で第二の入場規制が行われていたのだ! 先程と同じように待つ。今回は15分程で入場出来た。




階段を上り振り向くと凄まじい数の参拝客が並んでいた。




せっかくなのでおみくじを引く。




引いたのは吉。良くも悪くも当たり障りのない内容である。「試験 準備をしっかりしないと失敗」って、当たり前だ。


そして、「酒」の文字に惹かれて御神酒を頂く事に。




神様が呑んだお酒を盃に一杯だけ注いでもらい、それを呑むというもの。注いでくれた巫女さんが可愛かった事もあり、とても美味しく頂けた。盃は御守りやお札と同じで、大切に保管するようだ。


と言うわけで、鶴岡八幡宮の初詣レポでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加