長野県民が教える、雪道で滑って転ばないコツ。

都心で雪が降るとよくニュースで転んでいる人が映し出される。長野県民からすると、なぜこの程度の雪で転ぶのか不思議でならない。


雪国出身者は子供時代から自然と身についている、雪道で転ばないようにするコツがある。それを紹介しよう。


・人が歩いた箇所は歩かない
他人の足跡の上を歩きたがるが、他人が歩いた場所は踏み固められ滑りやすいので歩かない方がいい。誰も歩いていない箇所を歩くと滑りにくい。


・急に止まらない
特に坂道を歩いていて、いつもよりスピードが出てしまっても急に止まってはいけない。急に止まると滑って尻餅をつきかねない。坂道を歩く時はゆっくり、ジグザグに移動しながら歩くと良い。


・靴底を擦りながら歩かない
滑るのが怖いからと言って、靴底を擦りながら歩くのは逆効果だ。足はなるべく垂直におろしながら歩こう。


そもそも、ドカ雪が降った時くらいダサくても雪用の長靴を履けばいい。問題は、都心で雪用の長靴が売られていないことだ。


ミドリ安全 【雪上用ソール】 スノーブーツ [ワークプラス] MPS140フード 26.5cmミドリ安全 【雪上用ソール】 スノーブーツ [ワークプラス] MPS140フード 26.5cm



Amazonで詳しく見る

このエントリーをはてなブックマークに追加