MacBook Proのストレージ表示がバグった時の対処方法

今回は、Macのストレージ表示がバグった時の対処法を紹介する。


MacBook Proを使っていると、いきなりSSD残量が少ないと警告が出た。よく見ると、251GBSSDに対して、アプリが712GB使っている事になっている。どう考えても釣り合わない。



それでは対処方法を観て行こう。


1, まずはシステム環境設定でSpotlightを選択。



2, プライバシーを表示し、『+』ボタンをクリック。



3, Macintosh HDを選択。



4, ポップアップが出たらOKをクリック。



5, 今追加されたMacintosh HDを『-』ボタンをクリックして除外し、システム環境設定を閉じる。



6, メニューバーのSpotlightを観ると、このように牽引を作成中になっている。この作業は数分続き、作業は完了する。



8, 再びバグっていたストレージを観ると、正しく表示されている。



以上だ。とても簡単なので、ストレージ表示がおかしい人は試してみると良いだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加