FUJIFILM X-T1の良い点と悪い点 X-E2と比較してみて




FUJIFILMの最新機種、X-T1を触って来たので私の持っているX-E2と比較しつつ、良い点と悪い点を書こう。CP+ 2014で実機を触りFUJIFILMのスタッフさんとも話したので参考になれば。


結論から言うと、今現在X-E2を使ってる自分としては買い替えたいと思う程の進化はなかった。ただし、X-E1X-Pro1を使っている人は買い替える価値は十分ある。



X-T1の良い点
・チルト式液晶モニター
ようやく背面の液晶モニターがチルト式になった。これでローアングルでも撮りやすくなった。

・外付けフラッシュ
X-T1にはフラッシュが内蔵されていない。外付けのフラッシュが付属しているので、それを付けて使う。この外付けフラッシュがスタイリッシュなデザインで気に入った。

・防塵・防滴・耐低温
これは本当にありがたい。X-E2ではこれらの機能はない。小雨の時など、ハラハラしながら使っている。

・縦位置バッテリーグリップ
一眼レフではよく見かける、縦位置バッテリーグリップを装着する事が出来る。縦に構えてシャッターを切る時や、長時間使うときはとても便利だ。X-E2はボディー底の設計が違うので縦位置バッテリーグリップを付ける事は出来ない。これを付けられるのは今のところX-T1のみだ。

6つのFnボタン
カスタム可能なファンクションボタンが6つもあるので、好みに合わせてカスタマイズ出来る。何が必要で不必要かはユーザーによって全く違ってくるのでカスタムボタンが多い事はありがた。ちなみに、顔検出モードをセットする事も出来るので、風景と人物を交互に撮影する時などとても便利だ。

・扱いやすい
X-E2を使っているからなのか、とても扱いやすく感じられた。同じような作りのNikon Dfより扱いやすい。そもそも、Nikon Dfはミラーレスではないので全くの別物と思った方が良いのかもしれない。値段もNikon Dfは倍程高い。ちなみに、X-T1は動画撮影ができる。Nikon Dfは写真のみだ。

・見た目がカッコイイ
アナログチックな外見はX-E2に勝るとも劣らない。持っているだけで幸せになれる。



X-T1の悪い点
・タッチパネル液晶ではない
未だにタッチパネルには対応していない。FUJIFILMのスタッフ曰く、タッチパネルはどうしても耐久性が弱いので採用していないそうだ。しかしOLYMPUSのタッチパネルはなかなか便利なので、FUJIFILMでも採用して欲しい気持ちがある。

・ドライブダイヤルが予期せずズレる
これは試し撮りをしていて起きたのだが、左上部にあるドライブダイヤルが予期せずズレていつの間にか違うモードになってしまっていた。感度ダイヤルやシャッタースピードダイヤルはロック解除ボタンを押しながらでなければ動かないのだが、ドライブダイヤルにはそれがないためだ。まあ、気おつけていれば良いのだが、せっかくのシャッターチャンスにそのウッカリが起ると軽くショックだ。


ざっくりとこんなところだ。私はX-E2を使っているので買い替えるつもりはないが、X-E1X-Pro1を使っている人はその進化に驚く事だろう。特に、フォーカス速度とファインダーの性能は一目瞭然雲泥の差である。X-E2と比較するとそこまで差はない。それだけX-E2は優れていると言う事でもあるのだろう。何れにしても、とても楽しいカメラである。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »