花粉症薬 アレグラFXの効き目と感想

3月始めにピークを迎えたかに思えた私の花粉症は、まだまだ序の口だった。今回は市販薬アレグラの話し。


331日から特に酷く花粉症の症状が出始め、洗っても目薬をさしても目が痒くてどうしようもない状態になった。次の日もその症状は治まる事を知らず、鼻も痒くなる始末。「今年は酷くないな」と思っていたので想定外の状態だ。このままでは日常生活に支障が出ると思い思い切って市販薬を買う事に。2,3年前まで時期始めに医者で薬をもらっていたが、それもしばらく飲み続けると身体が慣れてしまい効かなくなるので辞めていた。


そこで買った薬が今話題の『アレグラFX』である。



中身はこれだけ。今回買ったのは朝夕一錠で14日分。ちなみに、7日分の箱もある。



購入の際に、第一類医薬品のため薬剤師の説明を受けた。といっても、アレルギーなどの注意書きに目を通して飲み方を説明されただけだが。値段は約2,000円。


肝心の効き目は、抜群だ! 鼻水と鼻の痒みは飲んだその日のうちになくなった。目の痒みも殆ど出ていない。外を歩いて室内に入った時、多少目が痒くはなるが、飲む前と比較すると雲泥の差だ。そして、アレルギー薬のデメリットである喉の渇きと眠気が全く起こらない。それはこの薬のうたい文句の一つだが、本当に喉が渇かない。また、空腹時に飲めるのもありがたい。


なんだか無敵になった気分だ。効き目には個人差があるだろうが、かなりオススメの薬だ。花粉症に耐えきれなくなった人は是非。

このエントリーをはてなブックマークに追加