何故アナと雪の女王はヒットし続けているのか? その理由と秘密

アナと雪の女王が未だにヒットし続けているようだ。今回はそのヒットの秘密について書こう。


何故、来乗客数が衰えていないのか? これには一つ思いつく節がある。それはリピート率の高さだ。普通、映画館で観る場合は1回だろう。2回目以降はDVDBlu-rayをレンタルして観るパターンが多いと思う。ところが、アナと雪の女王に限っては2回以上映画館で観ている人が意外に多い。私の知人は全員2回は観ている。ちなみに、私は千と千尋の神隠しを6回観に行った事がある。


「ウチの娘なんて2回観たんだって! 信じられないわ~」と言っていた知り合いのおばさんですら、その2週間後には「あたし3回行っちゃった」と話していた程だ。日本語で2回、英語で1回らしい。始め日本語版で観て、ミュージカル調の歌を英語で聴きたくなり英語版を観て、気に入った日本語版を再び観たようだ。


映画へ行くという感覚より、コンサートへ行く感覚だ。


そのコンサート感覚で観る事が出来るという点がとても重要なのだろう。おそらくこの映画、全く知らない言語でかつ字幕がなくても十分楽しめるだろう。歌詞の意味を理解していなくても洋楽をノリノリで楽しむ原理と同じだ。年齢性別国籍に関係なく楽しめる。これがヒットの理由だろう。逆に、私はストーリーは大して面白くないと思っている。


アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)
V.A.

WALT DISNEY RECORDS
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る

このエントリーをはてなブックマークに追加