スカイツリーとソラマチの感想 そしてなぜかバルキリー!?




今更ではあるが、スカイツリーとソラマチの話し。レンタルしたカメラのレンズをどこで使うか考えた時、スカイツリー観光を思いついた事がきっかけだった。



結論から言うと、ソラマチは行くべきだが、スカイツリーにのぼる必要はないだろう。1000円程度ならば良いが、3000円は値が高い。それならばソラマチで美味しい物を食べたり記念品を買った方が良いだろう。そもそも、下から見上げてもそこまで高く感じない。いくら634mと言えども、東京のビルは大概高いのでそこまでの驚きがないのだ。それよりもベトナムでのぼった260mのサイゴンスカイデッキの方がインパクトが大きかった。そもそも、飛行機に乗れば遥か上空から見下ろせるのだ。


それはさておき、ソラマチはとても面白い場所だった。お土産屋の種類が豊富で見ていて飽きがこない。スカイツリー関係、食品サンプル、塩、織物などなど何でも売られている。どのお店も小さいのでテンポよく回れるのもありがたい。


さらに、お土産屋だけでなく郵政博物館や水族館まであるのだ。郵政博物館は入場料が300円と安いうえ、レトロ好きにはたまらない品々が展示されている。日本の切手と世界の切手は必見だ。明治から現在の切手までそろっている。


さらにさらに、千葉工業大学のフロアにはマクロスのバルキリー 1/1サイズが展示されていたりする。



食事処も豊富にあり、私は迷ったあげくキッチンジョーズという昔ながらの洋食屋さんでナポリタンを食べた。1200円と観光地にしては値段が安くとても美味しかった。



そんなこんなでスカイツリー観光を楽しんだ。興味ない人もソラマチへ行けば楽しめるだろう。スカイツリーは下から見上げるだけで十分だが。というより、浅草あたりから「あれがスカイツリーか!」と見た方が良いかもしれない。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »