AppleがApertureとiPhotoの開発中止を発表

Appleの写真編集ソフト、ApertureiPhotoが開発を終了するらしい。


OS Yosemiteに移行する事が主たる原因だろうと思われる。YosemiteにはPhotosと呼ばれる写真管理のアプリが搭載されるためだろう。


それにしても昨今のAppleは本当にクソになっていく。Final Cutはお粗末なアップデートで重たくなったあげく落ちるし、Yosemiteはなんだかごちゃごちゃしていて使い難そうだし。たとえ10万円でも昔のFinal Cutの方が遥かに良かった。そろそろAppleファンを卒業しても良いかもしれない。


という事で、本日より私はAdobeLight roomBridgeを使い始める。実はAdobeの会員なので何時でも使えるのだ。今まではApertureで編集した写真があったのでApertureを使っていたが、Apertureとは今日でおさらば。

このエントリーをはてなブックマークに追加