状況に応じたAppleサポートの選び方 Genius Barか電話か

過去、Genius BarApple電話サポートを度々利用してきた私が、状況に応じた一番オススメのサポートを紹介する。意見には個人差があります。



付属品が壊れた場合
iPhoneのイヤフォンやUSBアダプタ、Macの充電機などが壊れた場合は電話サポートが最も迅速で良いだろう。保証期間内ならば水没以外は基本無料で新品を送ってもらえる。壊れた付属品をクロネコヤマトに渡す交換システムだ。地域によっても配達日に違いはあるだろうが、iPhoneUSBケーブルを送ってもらった時は電話した翌日に届いた。


ただし、電話に出たサポート担当の人により満足度がかなり違う。こっちの言い分をよく理解してくれる人と、全くトンチンカンな人がいる。「こいつダメだ」と思ったら切ってしまっても良いかもしれない。



OSやアプリケーションの不具合
この場合も電話サポートが最も良い。ただし、場合によってはプリファレンスファイルを削除して欲しいなどのアドバイスがあるので、その辺がチンプンカンプンな人は面倒でもGenius Barへ行った方が良いだろう。


ちなみに、OSやアプリケーションはウェブサイトのサポート項目でも十分対処できるだろう。はっきり言って、電話で指示される内容もウェブサイトの情報も大差ない。ただ、OSの問題かと思っていたらグラフィックボードの問題だった場合もあったので、保証期間内ならば電話サポートがやはり良いのだろう。



iPhoneiPodiPadの本体が壊れた場合
この場合も電話サポートがベストだ。iPhoneiPodiPadの場合は故障が認められれば新品に交換してもらえる。付属品同様、壊れたデバイスをクロネコヤマトに渡す交換システムだ。


注意したいのは水没とディスプレイ割れは有料という事。イヤフォンと充電の穴の中に水没確認シートが貼ってあるのだが、それが変色していると水没とみなされる可能性が高くなる。



Mac本体がが壊れた場合
これはGenius Barがベストだ。HDDやグラフィックボードの不具合もこれに入る。なぜGenius Barがベストなのかというと、MaciPhoneなどと違い新品とすぐ交換とはいかないからだ。どこがどう悪くて、どこを交換するのかなど細かい説明がその場で聞ける。また、受け取りのさいもその場で動作確認ができる点も良い。


ただし、Genius Barはデメリットがとても多い。まず、予約が必要なので壊れた当日に修理という事は難しくなる。仕事で使っている人は注意だ。次に、時間通りに行っても総合病院なみに待たされる。前の人がもたついていると渋滞になってくるのだ。これはなんとかして欲しいといつも思う。後ろに予定がある人は注意だ。さらに遅れると見てもらえない事があるし、遅れていなくてもスタッフに来た事を告げないと飛ばされて予約を取り消される。


また、Genius Barは電話サポート以上にスタッフのアタリハズレの差が大きい。2009年だか2010年だかのMacBook Proのバッテリーのモチが悪くなり持って行った時、偶然スタッフと攻殻機動隊の話しで盛り上がったのだが、「せっかく来てくれたので」という理由で新品のバッテリーに交換してもらった事がある。おそらく、攻殻機動隊という共通の趣味がなかったら交換してもらえなかったと思う。こればかりは良いスタッフが担当になるように祈るしかない。


近くにGenius Barがない人は電話でも良いだろう。その場合は、自宅にクロネコヤマトが来るのでMacを渡す。MacAppleの修理工場へ届けられ修理が終わると再びクロネコヤマトが届けに来るという仕組みだ。梱包はすべてクロネコヤマトがやってくれるので渡すだけだ。



サービスプロバイダという裏技
意外に知られていないかもしれないが、サービスプロバイダという選択肢もある。これはAppleが認めた公式のサービス店舗の事だ。Genius Barのような予約は要らない。Appleのウェブサイトで店舗を検索できる。


デメリットは場所によって混雑具合が違う事と、店舗で保証範囲に差がある事だろう。iPhoneUSBケーブルを電話サポートで交換してもらう前に、サービスプロバイダになっているカメラのキタムラへ持って行ったのだが、そこでは「キズがついているので有料の交換になってしまいます。電話サポートなら無料で交換できるかもしれません」と言われた。電話サポートのお姉さんに「キズが付いているんですが大丈夫ですか?」と言ったら、「切断されていなければ無料で交換できます」と言われた。事実、無料だった。



以上だ。自分の状況にあったサービスを選択したい。昨今のiPhoneブームのおかげで基本店舗はどこも混雑している。なかには「Windowsが起動しない」とわけのわからん事を言っている人も来ているので、店舗ではある程度ふるいにかけるシステムを作って欲しいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加