引っ越す時にやらなければならない事のメモ

引っ越す時にやる事を毎回思い出すのが大変なのでここにメモっておく事にした。何か思い出したら書き加えていく予定だが、おそらくこれが主なタスクだろう。



1, 退去日の1ヶ月前前までに、解約通知書を不動産屋へ持っていく。

印鑑が必要。退去立会、鍵の受け渡しなど相談する。



2, 火災保険の解約手続き。



3, ネットですこぶる評判の悪い保証会社Casaの解約の旨を大家と不動産屋に連絡。

大家か不動産屋が解約通知を出すらしい。ネットですこぶる評判が悪いので確認の電話を入れる。無論録音する。



4, 郵便局の転送サービスに申し込む。

近所の郵便局へ行けば可能。新旧住所を書いて、印鑑を押してポストに入れるだけ。ウェブサイトからでもできるようだ。



5, 公共料金の停止、変更など。

東京電力の『引越れんらく帳』が便利。電気、ガス、水道の住所変更が簡単にできる。



6, 引越し業者予約。

クロネコが便利。ただしガサツな作業。家具が安ければ問題なし。



7, クレジット会社、銀行、携帯電話などの住所変更。

銀行はどうでも良いが、クレジット会社は重要。特にファンクラブのクレジットカードを持っている人。



8, ネットサービスの住所変更。

Amazonや楽天など、自宅に届く可能性のあるサービスは忘れない。



9, 住民票の移動

そろそろこれをネットかコンビで出来るようにしろ。



以上。ざっくりこんなところだろうか。『引っ越しにかかる主な費用と家賃相場の変動』も参考にしてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加