引っ越しにかかる主な費用と家賃相場の変動

家賃相場の変動

御盆あたりが一番安い時期。賃貸物件の閑散期は御盆だから。御盆を過ぎたあたりから上がり始める。そして、23月が一番高い時期になる。新入生や新社会人が多く、家賃が高くても借りてがいるためだ。そこから下がりだす。そして、御盆あたりで一番安くなる。


引越しにかかる主な費用

敷金 家賃1ヶ月分 or 2ヶ月分
前家賃1ヶ月分
不動産仲介料 家賃半月分
保証代行会社 家賃半月分
(最近は加入させられることが多いようだ)
鍵交換 20,000
(安物の鍵ならもっと安い)
火災保険 20,000
清掃など色々 80,000
(省略可。私は断って払っていない)
引越し業者 ピンキリ


ざっくり考えてこんな感じ。否応なしに結構かかる。ちなみに、敷金0円もあるが、出て行く時に支払わなければならなくなるのでオススメできないと言われた。「清掃など色々」は断った方が良い。以前、私のアパートの下の階に清掃が入っていたが、ものすごく適当な作業だった。清掃したいならば、ダスキンなどに連絡して自分で手配した方が良いだろう。『引っ越す時にやらなければならない事のメモ』も参考にしてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加