バイナリーオプションは賭博と一緒

バイナリーオプションって、あれは早い話しが丁半賭博(サイコロの大小を当てるやつ)だと思う。もしくは、カジノの赤黒ルーレット。


FXのバイナリーオプションだと、要するに5分後(1分後とか60分後とか種類はある)に今より円安になっているか、それとも円高になっているかを予想する仕組みだ。


まず、円安か円高かを予想するだけなので初心者でも簡単っていううたい文句がある。それがまず間違い。1/2の確率で当たるし外れる。チャートを見てるわけでもない初心者の予想はなんて根拠の無い勘でしかない。「投資」っていう言葉に安心感があるのかもしれないけど、それはルーレットと同じ。


じゃあ、チャート分析ができれば良いのかというと、そうでもない。まず、チャート分析なんかそう簡単にできる物ではない。そんな簡単にできるなら誰もFXで損をしないし、証券会社は右肩上がりでしょうよ。半沢直樹の支店長もFXで負債を抱えたでしょ?


それにチャートの分析通りに値は動かない。例えば、安部総理の一声で値段は動くし、地震が起きれば値段が動くし、オバマさんの一声でだって値段は動く。それを全て100%予想するなんて不可能。5分後を予想した1分後に「北朝鮮からミサイル発射」って速報が出ないとも限らない。


そして、バイナリーオプションの最大のポイントは、予想が外れれば投資金額は0円になるって事。0円どころかマイナスにだってなるって事。マイナスになるんだから賭博よりたちが悪い。


普通の株取引なら、会社が倒産しない限り持ちつずければいずれ回復するかもしれないし、株でもFXでも損切りができるけど、バイナリーオプションはそれができない。カジノのルーレットと同じじゃない?


ここまで読むと、じゃあFX上級者なら大丈夫なのかと思うかもしれないが、まともな頭のFX上級者ならバイナリーオプションはやらないだろう。なぜならリスクの高さを知っているから。バイナリーオプションがいかにムリゲーかわかっているから。


そもそも、野村証券や大和証券などの大手証券会社はバイナリーオプションを提供していない。それってなぜでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加