iPhone6とiPhone6 plusを実際に触った感想

今回は先日発売されたiPhone6iPhone6 plusを触った感想を書く。スペックやappに対するレスポンスの向上などではなく、見た目や操作性について触れたい。


まず、一番気になっていたのがカメラの出っ張りである。多くのサイトでこの出っ張りが指摘されていた。写真で見た限りではそこまで気にならないように思えたのだが、実物を見ると思った以上にしっかりと出っ張っている。


次に大きさについて。iPhone6についてはそこまで巨大化した印象はない。しかし、片手で上部のアイコンをタップする事は難しい。キーボードに関しては下部に表示されるため問題なく片手で操作できるが、女性の手だと届かないかもしれない。


iPhone6 plusについては困惑。これは片手で操作すべき代物なのか、それとも両手で操作すべき代物なのだろうか。ディスプレイはかなり大きく、とても見やすい印象を受けた。しかし、大き過ぎてポケットに入らない事はまず間違いない。サッと取り出し、サッとしまえる。そんなiPhoneの魅力がなくなってしまっている。Phoneというより、Notebookといった方が意味が近い。


iPhoneiPadを主に手帳として扱っている人には良いだろう。試しに、電話で話す動作をしたが、実にアンバランスな格好になってしまい話しずらい。


続いては重さについての感想を書く。これはiPhone6iPhone6 plus、両方ともとても軽く感じた。特に、iPhone6 plusは見た目から想像していた重さよりもはるかに軽く驚いた。


最後にアイコンについて。これはiPhoneではなく、iOS8の問題だが、時計アイコンとメールアイコンがわずかに変わっている。特に時計アイコンは、長針が数字に重なって少しダサい。


総じて、私は従来通りiPhone5Cで良いと感じた。私が新しいiPhoneを買う頃に、iPhone5CサイズのiPhoneがなかった場合、おそらく買わないだろう。フューチャーフォンを電話専用で持ち、iPadを持ち歩くと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加