Facebook Messengerは高評価 そしてメッセージアプリに期待する事

Facebook Messenger appのおかげFacebook appを消した。


事の発端はiPhoneFacebookアプリからメッセージ機能が完全に独立し、Messengerアプリでの対応に移った事だ。iPhoneFacebookアプリからはメッセージを送ることが出来なくなり、強制移行にアプリレヴューは大荒れの状態となっている。


しかし、私としてはありがたい事だった。というのも、Facebookで投稿するよりメッセージでやりとりする方が増えていたからだ。


もともとそこまで熱狂的にFacebookを使っていたわけではないが、以前に比べて投稿をチェックする事がなくなってきていた。友達の旅行、料理、飲み会の風景、これらを見たところで……、というわけだ。


なので実際によく会って話す友達以外の投稿は非表示設定(フォロー外し)にしてある。その代わり、ニュースやアニメのページの投稿を表示しているが、それもフィードアプリがあるので大して重要ではなく、Facebookアプリはメッセージのためだけにインストールしていた。


そこに来てのメッセージ機能の独立。投稿という余計な機能が無くなり利便性が向上した。


日本ではLINEが主流のメッセージアプリだが、LINEよりも使いやすいと感じる。LINEには投稿とタイムラインという、Facebookで不必要に感じた余計な機能が付いてしまっている。Messengerが主流になってくれると良いのだが、LINEが主流の日本でMessengerが台頭するのは難しいかもしれない。


一方、欧米ではLINEよりもはるかにWhatsappが主流であり、そのWhatsappFacebookが買収発表をした事は記憶に新しい。おそらく今後、この二つのアプリは統合されるだろう。しかしそれよりも、願わくばメールのように違うサービス間での送受信が可能になってくれるとありがたいのだが。


Gmailから送信たメールをYahooメールで受信したり、Yahooメールで送信したメールをiCloudで受信したりできるように、LINEで送信したメッセージをMessengerで受信したり、Messengerで送信したメッセージをiMessageで受信したりできれば。

このエントリーをはてなブックマークに追加