新型GoPro HERO4 それぞれの特徴を説明

あのアクションカムの代名詞ともいえるGoProが新しくなった。そこで今回はその新型GoPro3種の違い、というよりは特徴を見てみたいと思う。


今回のGoProは上位機種から『HERO4 Black』『HERO4 Silver』『HERO』となっている。上位機種だから良いというものでもない。今回のGoProは用途にあわせて選ぶ感じになっている印象を受けた。



HERO4 Black
30fps4K動画を撮影できる唯一のモデルだ。HERO4 Silverでも4K撮影は可能だが、15fpsなので動きの速い映像には向いていない。動画処理能力が前モデルよりも強化されているので30fpsでの4K撮影が可能になった。1080pの動画ならば120fpsで撮影できる。よりキレイに、よち滑らかに撮影したい人にオススメできる。


HERO4 Silver
このモデルの最大の特徴は背面にタッチ液晶が搭載されている事だ。GoProには外付けの液晶も存在しているが、始めから搭載されているので買い足す必要もなく、利便性も高い。一応、4K撮影に対応しているが15fpsになってしまう。1080pでは60fpsでの撮影が可能だ。60fpsなのでアクティブな撮影にもカクカクせずなめらかに撮影できるだろう。正直、4Kは編集環境や再生環境が整っていないとあまり意味がない。まだまだ一般人にとっては必要性が低い。ちなみに、HERO4 BlackHEROは背面液晶が非搭載。その事を考えると今回のGoProシリーズのなかでは最もバランスの良いモデルだと思う。


HERO
このモデルの最大の特徴はなんと言っても、値段の安さ。他の2モデルが5万円前後するのに対してこちらは約2万円。そして、防水性ハウジングが一体となっている事。デメリットととしては、ハウジングが取り外せない事、動画では1080p30fpsが最大という事。あとは取り外せないハウジングにより音声がどうなるのか気になるところ。他の2モデルもセット内容にハウジングが含まれると思われるので、わざわざ本体と一体にしなくてもよかったのにと思う。しかし、それらに目をつぶれるくらいコストパフォーマンスが良い。まさにアクションカムを初めて使う人にピッタリのモデルだ。



特徴はざっくりこんな感じだろう。一番の魅了はタッチ液晶が搭載されたHERO4 Silverだ。HERO4 SilverHERO4 Blackは値段が1万円程しか差がないので、4K30fpsの映像美を優先するか、タッチ液晶搭載の利便性を優先するかで判断すれば良いだろう。私としてはHERO4 Silverがとても気に入った。

このエントリーをはてなブックマークに追加