FUJIFILM X-E2にリモート撮影が可能になるファームウェアVer3.0が登場!

我が相棒。我が右腕となって活躍するFUJIFILMX-E2ver3.0ファームウェアが登場した。今回はそのver3.0の特徴を紹介したい。


・『クラシッククローム』フィルムシュミレーション
新しいフィルムシュミレーションが追加された。「写真集に印刷されたイメージに近い」シュミレーションとの事。他社製品でフィルムシュミレーションを使った事は無かったのだが、FUJIFILMを使いだしてからそれが当たり前になった。本当に色が素晴らしく、RAWで撮影する意味を見いだせない。良い意味で。何でも、FUJIFILMには色に絶対的な発言力を持つ『色四天王』なる方々がおり、その人たちによってフジカラーが決められているらしい。


・インターバルタイマー
今流行のインターバル機能が追加された。1秒~24時間で999枚まで設定可能との事。


・スマートフォンからのリモート撮影
ついに来たぞこの機能!! XシリーズだとT1についていたこの機能がついに来た。待ちに待った機能だ。カメラの展示会で富士フィルムの人に「X-E2にも搭載予定で現在開発中です」って言われてもう半年くらい経つ気がする。一向に搭載されず「あの社員嘘ついたんじゃね?」と思っていたが、搭載された。自撮りや三脚固定でかなり役立ちそうだ。


・「AF+MF」フォーカスの追加
逆に今までなぜこの機能がなかったのか不思議なくらい。しかし、過去のファームウェアアップデートでフォーカス性能がかなり増しているのであまり重要ではないかもしれない。


というわけで、公開されたら早速アップデートしてみようと思う。SONYCanonNikonだとメーカーは色々あるけれど、FUJIFILMに勝る色を出してくれるメーカーはない。ないと断言する。Canon一筋で来た私があっさりFUJIFILMにしてしまったのだ。それほどFUJIFILMの色は素晴らしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加