なぜ原油安で日本株が下がるのか? ざっくり解説

原油価格が安くなれば、原油を輸入している日本にとってはプラスのはずなのに、なぜ日本の株価が下がるのだろうか?


ざっくりとしたプロセスはこうだ。


アラブ「やべえ、原油なくなりそう」
アメリカ「シェールガス発見! 我が国にはシェールガスがある。もう高い原油をアラブから輸入する必要はなくなった。逆に資源のない国にシェールガスを輸出して儲けられる。これからはシェールガスの時代だ」
大衆「アラブが高いならアメリカから買えば良いじゃない! 原油がだめならシェールガスを買えば良いじゃない!」
アメリカ「シェールガスがある限り我が国の富は守られるぞ」
外国人投資家「アメリカはシェールガスを手にし、経済が成長している。これはアメリカの株も上がるぞ。買っておこう」
外国人投資家が買い出してアメリカ株は上昇。
外国人投資家「アメリカ株も上昇している。よし、アメリカが安定していることだし日本にも投資してみようかな」
アメリカ株にあわせて日本株も上昇。
アラブ「原油まだまだあったんだけど。しかもアメリカが原油を買わなくなったから結構余ってる」
アメリカ「ファッ!?」
技術の進歩で原油が想定より多く採掘され、さらに輸出量が減った事で希少価値が下がり原油価格が低下。
アメリカ「ちょっとまて、それ以上掘って原油価格を下げるとアラブさんも痛いんじゃないの? つか、そんなに原油が安くなっちゃうとシェールガスの採算がとれないんだけど。バランスが大切だよ、もう原油掘るのやめてよ」
アラブ「やめないよ! シェールガスに取って代わられてたまるもんか! まだまだ原油価格が低下しても余裕だもんね」
外国人投資家「おいおい、シェールガスが売れないならアメリカは経済が落ち込んでくるんじゃないか? そうするとアメリカの株は下がるんじゃないか? じゃあその前に売って損を抑えようじゃないか!」
外国人投資家が売り出してアメリカ株は下落。
外国人投資家「ほら見ろ!! アメリカ株が下落してきた。日本株も売ってリスク回避だ」
外国人投資家が売り出して日本株も下落。さらに安全な円を買う動きも出て円高へ。


ギリシャ危機だのイスラム国問題だのいろいろな事情も絡んできているのだろうが、ざっくりといえばこんな感じだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加