海外の現地通貨引き出しにジャパンネット銀行VISAデビットカードを選んだ3つの理由【旅録】

今回はVISAデビットカードを作ったのでそれについて書こう。作ったのはジャパンネット銀行のVISAデビットカードだ。



そもそもなぜVISAデビットを作ったのか。それは海外のATMから現地通貨を引き出せるからだ。海外で現地通貨を引き出すといえば新生銀行のキャッシュカードが有名だろう。実際にこの2つの銀行でどちらにするか迷ったのだが、以下の点からジャパンネット銀行を選んだ。


まず、レートに対する手数料がわずかながら安い事。両銀行とも引き出し手数料は0円だが、為替レートに対する手数料がかかる。新生銀行はVISAワールドワイドのレート+4%、ジャパンネット銀行はVISAワールドワイドのレート+3.02%だ。


次に、VISAの使えるお店でクレジットカードとして使える事。ジャパンネット銀行はVISAデビットカードなのでVISAが使えるお店でクレジットカードの様に使える。ただし1回払いのみ。まあこれは普通にいつも使っているクレジットカードを使うだろうが、それでも限度額を自分で設定できるのでセキュリティーは高そうだ。普段は0円に設定しておいて使う時は必要な限度額に設定すれば良い。


3つ目が、VISAデビットカードではキャッシング扱いにならない事。他社のVISAクレジットカードでも現地通貨を引き出せるのだが、その時の扱いはキャッシングになる。借り入れ扱いなので金利がかかるうえ、キャッシング枠の限度額しか引き出せない。一方、ジャパンネット銀行のVISAデビットカードはキャッシング扱いにはならないので金利は発生しない。また、海外での引き出し限度額を100万円まで自分で設定できる。当然、デビットカードなので口座の残高以上は引き出せないが。


とまあ良い事ずくめのようだが、デメリットとしては「銀行」としての魅了が少ない事。私は普段SBI銀行を使っているのだが、こちらは24時間365日セブンイレブンのATM手数料が0円で、さらに他銀行への振込手数料も月3回まで0円なのだ。一方ジャパンネット銀行はATM手数料が0円になるのは月1回のみ。それでも、海外のATMから現地通貨を引き出す事が目的なので国内の利便性は正直問題にしない。

このエントリーをはてなブックマークに追加