北陸新幹線の停車駅 かがやき、はくたか、つるぎ、あさま

北陸新幹線が開業して東京から金沢まで行けるようになった。停車駅は以下の通り。


『かがやき』
東京ー(上野)ー大宮ー長野ー富山ー金沢


『はくたか』
東京ー上野ー大宮ー(高崎)ー(安中榛名)ー(軽井沢)ー(佐久平)ー(上田)ー長野ー(飯山)ー上越妙高ー糸魚川ー黒部宇奈月温泉ー富山ー新高岡ー金沢


『つるぎ』
富山ー新高岡ー金沢


『あさま』
東京ー上野ー大宮ー(熊谷)ー(本庄早早稲田)ー高崎ー(安中榛名)ー軽井沢ー佐久平ー上田ー長野


ニュースでも散々取り上げられている『かがやき』が最速ルートで東京金沢間を2時間28分で駆け抜けるようだ。それは良いとして、長野県民の私が思うに、観光客は長野で降りるのだろうか? 東京の人はせっかくだから金沢まで行こうと思うだろうし、金沢の人は当然東京観光が目的だろう。せめて途中下車ができれば良いのだが。ちなみに、2023年には福井県の敦賀駅まで行けるようになるようだ。


そして、長野新幹線『あさま』は北陸新幹線開業にともない北陸新幹線『あさま』という名前に統一されてしまった。電車オタクではないが長野県民として若干ショックである。『あさま』どう考えたって長野新幹線だろうがよ。東京と長野を結ぶ長野新幹線だろうがよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加