FUJIFILM フジノンレンズ XF35mm F1.4が届いたので紹介

というわけで、FUJIFILM XF35mm F1.4Amazonから届いたので紹介したい。


コンパクトという程コンパクトではないが、軽い事は間違いない。公式サイトによると、長さは約50.4mm187gとの事。写真ではケンコーのzetaフィルターをつけている。



フィルター口径は52mm。レンズ口径が大きくボケが美しい。



フォーカスによってレンズ自体が飛び出す。



付属のフードがこの形なのでフードを着用しているとレンズキャップがつけられない。フードにもキャップがあるのだが、このキャップはすぐに取れてしまうので紛失しやすい。フード自体は内側が光が反射しない素材なのでしっかり役立ってくれそうだ。



全く参考にならなそうだが一枚撮った。F1.4である。F1.4のメリットはなんと言ってもISO感度を下げて撮影できる事。すなわち高感度ノイズを抑えて室内でもクリアな写真が撮影できる。



このXF35mm F1.4、画質やボケ味は文句なしの大満足なのは知っての通りだが、ちょっとしたマイナスポイントがある。それはフォーカスがやや遅いのだ。そして迷う時もある。動き回る動物を撮るのには苦労しそうだ。用途としてはじっと構えて撮る、人や風景などの被写体に向いていると思う。もしくはマニュアルで撮影する。自分は風景が主なので問題ないといえば問題ないのだが気になるところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加