東京にある等々力渓谷が想像以上に渓谷だった。

大都会の喧騒から逃げるように、大都会の真ん中にある渓谷へ足を運んだ。今回は等々力渓谷へ行ってきた話。


東横線を乗り継いで大井町線の等々力駅から徒歩5分、渓谷への入り口が現れる。



階段を降りると自分が自然の中にいる事に気がつく。車の音も、迫り来るビルも、足早に行く人の波までが一瞬にして自然に吸収される。



雨が降っていて足元は滑りやすく、うっかりすると落ちる。



おまけ。途中で少し道をずれると現れるこれ。土を盛っただけに見えるが古墳だ。



この等々力渓谷は全長が1kmほどなので気軽に散歩できるのでオススメ。途中にこじんまりした甘味処があるので休みたい人はそこで一休みできる。道は整備されているようで滑りやすい所もあるのであまり変な靴では行かない方がいいだろう。夏場は蚊が出そうな雰囲気があるのでその辺も注意。

このエントリーをはてなブックマークに追加