Microsoft Officeが無いならLibre Officeを使えばいいじゃない!!

今回はMicrosoft Officeと高い相互性を持つアプリケーション、LibreOffice Vanillaを紹介する。



どうしてMicrosoft Officeはあんあに高いのだろうか? そりゃ、Microsoftだからさ。


というわけで、Officeと高い相互性を持つアプリケーションを探していたところ、LibreOfficeに行き着いた。Open OfficeというMicrosoft Officeと相互性を持たせたフリーのオープンソースアプリケーションがひと昔前にあったのだが、残念なことにその開発が中止されてしまった。その派生系ともいうべきアプリケーションがこのLibreOfficeだ。もう一つの有名派生アプリケーションにApache OpenOfficeというものもあるが、こちらはアップデートがLibreOfficeほど活発ではないので選ばなかった。また、LibreOfficeは政府や学校でも導入されている実績がある点も大きい。


今回はMac版を見てみよう。Mac版にはApp Storeからダウンロードする方法と、LibreOfficeウェブサイトからダウンロードする方法がある。ウェブサイトからの方が常に最新バージョンを入手できるのだが、App Storeからダウンロードした方がデザインがわかりやすい。(現在はどちらも同じデザインになったもよう)


CalcというExcelっぽい表計算ソフトで比べてみよう。


App Storeバージョン


ウェブバージョン


ワープロ、表計算、プレゼンテーションがそれぞれ独立したアプリケーションではなく、1つのLibreOfficeアプリケーション内から選択する。



上記のCalc以外のも、WriterというWordっぽいワープロソフトや、ImpressというPowerPointっぽいプレゼンテーションソフトなどが主に使用するところだろうか。


Writer


Impress


無料にしては十分な機能を備えている。AppleiWorkの方がはるかに使いやすいのだが、Windows間とのやりとりを考えるとLibreOfficeはなかなか良い選択肢だと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加