4Kなんか要らない! 低画質で撮ろうよ!

高画質が主流になってきた動画の世界ですが、あえて低画質で攻めようかと思います。



何の気なしに過去の動画を見たわけです。YouTubeではなくて、個人の思い出動画ですがね、ほんの10年ほど前の動画なのにかなりの歴史を感じるわけですよ。


圧倒的な存在感を出す非亀山モデルのブラウン管テレビ。ドヤ顔で鎮座するビデオデッキ。漬物石と見間違うほど巨大なノートPC。そして、360 x 263サイズの動画。480pにするら行っていない事に驚き。データ容量も1分で15MBとという超軽量。


だけど、高画質であれば良かったのにとは思わないんですね。思い出ですし、何よりそこに自分がいたわけですから、その時の映像(記憶)が4Kどころの話ではなく鮮明によみがえるわけですよ。こりゃもう高画質で保存する必要ないなと思いましたね。


CMでは高画質だの4Kだのを宣伝していますが、動画が大き過ぎて扱いにくい事この上ないんですよ。4K動画を再生するには相当ハイスペックなPCが必要ですし、データ容量だってものすごく大きくなりますし。思い出用の動画ならば生きている限り増えていくわけですから、大容量は困りますよ。パソコンが進化するたんびに買い換えるわけには行きませんからね。そんな事していたらお金がいくらあっても足りませんよ。


そこで、私は最近撮ったフルHDの動画も、あえて低画質に変換したんです。これでとても扱いやすくなりました。低画質が気になるかどうかは、きっと全く知らない人が見たら気になるのでしょうが、さっきも書いたように「思い出」ですから。当事者は全く気にはならないんですよ。高画質な映像が頭の中に残っているので。


どうでしょう? あなたも一度、動画を低画質に変換してみては。

このエントリーをはてなブックマークに追加