楽天市場と楽天ブックスの違い

先日カレンダーを楽天市場で検索したとき、楽天ブックスがショップに表示された。結果、楽天ブックスで注文したのだが、楽天市場と楽天ブックスは何が違うのか。そこについて書いておこうと思う。



楽天市場
これはA店、B店、C店などが楽天市場のウェブサイトに掲載して販売するシステム。販売発送などは楽天ではなく掲載している店舗に一任されている。私は楽天市場にメリットを感じない。デメリットは無数の店が掲載しているのでしっかりした商品が届くか不明なところ。在庫管理が雑な店などもある。


楽天ブックス
これはAmazonと同じ形式。販売は楽天が行い、発送は楽天倉庫から発送される。メリットは販売発送が楽天なので一定の信頼がおける事。コンビニ受け取りが可能な事。デメリットは販売している物が本やDVDなどに限られる事。


と言ったところだ。楽天ブックスは楽天市場よりウェブサイトも見やすいのでちょいちょい利用したいと思った。実際にカレンダーを注文した時は注文の翌日に運送業社に渡り、その2日後にファミリーマートに到着した。配達速度にも不満はない。みなさんも一度利用してみてはいかがだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加