初乗り410円よりUberの全面許可を! タクシーも農業も潰れれば良い!




利用客を増やす狙いでタクシー初乗り410円の実験が始まった。最初の1kmまでが410円で利用できるので高齢者や主婦などの客層を狙った試みのようだ。



だがしかし! そんなものよりUberのサービスを全面的に許可すればいいだけの話だと思う。当然Uberの方が安くなるうえ、車種や運転手を事前に確認できるので利用者としてはありがたいだろう。さらに、評価されるので運転手の方もサービスを心がける。


そもそも、タクシーに限らず農業など、日本は特定の業種を守りすぎだと思う。そんな事を言うと、安価で農薬などを使った危険な作物が増えるなど言うが、現在も無農薬野菜が売れているように需要があれば売れる。ただそれが今の農家が作る野菜なのか、新たなベンチャー企業が作る野菜なのかの違いなだけで。後はその中で良い方が残るだけの話だ。


タクシーもUberを使ってやはりタクシーの方が良いとなればタクシーが残るだろうし、逆ならばUberがメジャーになるだけだろう。現在はその選択を行う事が出来ない状況だ。


重要なのは淘汰される環境を作ることだと思う。それがユーザーにとって最も良い環境だろう。潰れて文句を言う業種は、あぐらをかいて潰れるようなサービスを行っているのが悪い。ただそれだけだ。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »