あえてバッファロー USB2.0 セルフパワー4ポートハブを買った理由 BSH4AE06WH

バッファローのUSBハブ4ポートを購入したので紹介する。あえてのセルフパワー、USB2.0、4ポートを選択したのである。



大きさはこんな感じ。ACアダプターがもう少し小さいと良かったが、邪魔にはならない。



正面に3ポート、裏面に1ポートとACアダプターとPC側につなぐポートがある。



実際に接続してみた。セルフパワーなのでポータブルHDDが繋げられる。4ポート合計2000mA以内で対応できるようだ。



しっかり認識してくれた。



そもそも、なぜこれを買ったのかというとMacのUSBが2個しかなく物足りなかったからだ。7ポートUSB3.0などもあったのだが、そこまでの転送速度は必要ないしポートも4つあれば十分なのでこれを選択した。その分、値段はぐんと安く1000円ほどだ。セルフパワーにしたのは私の持っているHDDがポータブルなのでバスパワーだと出力不足で動作しないためである。


Mac側の電源が落ちると自動でハブの電源も落としてくれる機能がある。概ね正常に動作しているが、Macを起動した瞬間に一度ハブの電源が落ちる場合がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加