FUJIFILM X-T20とX100fの大まかな違い

この度、FUJIFILMからX-T20とX100fが発売された。そもそもコンセプトが違うので比べるのもどうかと思いつつも、気になった違いを見ていこう。




まず、X-T2はミラーレスでありX100fはコンパクトカメラだ。簡単に言ってしまえばレンズ交換が可能か否か。センサーサイズは両機種共にAps-C X-Trans CMOS IIIであり、エンジンもX-Processor Proで同じものを搭載している。ちなみに、最上位のX-T2とX-Pro2も同様のセンサーとエンジンを採用している。


X-T20は初心者向けか

狙っているであろうユーザー層は値段から考えてX100fは上級者向け、X-T20は初心者からやや中級者向けといったところだろうか。値段だけでなくボタンの数もX-T2よりかなりすっきりとしており初心者向けの印象を受ける。ISOや測光方式もアナログ操作での変更に慣れているフジユーザーとしてはX-T20は使いにくそうだ。


チルト式タッチパネルの有無

私が感じた一番の違いはタッチパネルの有無だ。両機種共に搭載しても良さそうなものだが、タッチパネルはX-T20のみとなっている。X100fの液晶はチルト式ですらない。イかれてやがる!! かわりにX100fは光学電子兼用ファインダーとジョイスティックが搭載されている。フォーカスポイントの移動はジョイスティックを使う。


4K動画はX-T20のみ

X-T2から採用された4K動画はX-T20にも採用されている。X100fはフルハイビジョン60fpsまでだ。ただし、4K動画と言っても手ぶれ補正が搭載されているわけでもないので実際に使い物になるかは別問題。FUJIFILMの動画評価はイマイチで、汚名返上で挑んだX-T2の4K動画も評価サイトのコメントを見る限りイマイチのようだ。


私はX100fをお勧めする

X-T20とX100fのどちらをオススメするかというとX100fだ。FUJIFILMは結構クセのあるカメラメーカーで、おまかせモードで簡単にとる楽しみより、写真を作る楽しみができるメーカーだと思っている。その楽しさをより味わえるのはX100fだと感じたのだ。光学ファインダーやアナログな操作がそう感じさせる。また、X-T20はあと数万円でX-T2が買えるのでそちらを買った方がいいだろう。慣れてしまえばX-T2のようなアナログでボタンだらけの方がすぐに使いたい機能にアクセスできるので便利だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加