うざいGoogle AMPのデメリットと解決策

いつのまにか、Googleの検索結果にAMPという項目が加わった。モバイル端末による高速アクセスを主な特徴とするようだが、私は邪魔で仕方がないと思っている。




メリットでもないメリット

AMPのメリットはモバイル端末での高速表示とデーター通信量の節約だ。Googleがウェブサイトをコピーし(今はウェブサイトの管理者が許可、指定した場合のみだが今後は自動になると予想する)、観覧者にそのウェブサイトのコピーを表示させる事によって成り立っている。各ウェブサイトのサーバーではなくGoogleサーバーのキャッシュデーターを表示しているのだろう。


だが、今はモバイル端末でも十分に高速なデーター通信ができるし、動画でもない限り通信量が大幅に多くなる事もないだろう。ただ、急激なアクセス増でサーバーがパンクした場合などは便利かもしれない。それでもこの後に記載するデメリットと比較して、デメリットの方が圧倒的に大きくなるのではないだろうか。


最大のデメリット

デメリットは反映に時間を要する事。例えば、誤字や参照元などを修正した場合、それがAMPに反映されるまで時間がかかるのだ。それは先ほども書いた通り、AMPではGoogleのサーバーにコピーされた物が表示されるためだ。Googleが更新してくれなければ反映されない。

さらにもう一つデメリットと感じることがある。それはブックマーク登録がAMPアドレスになってしまうのだ。これはユーザー側にもウェブサイトの管理者側にもデメリットだろう。



解決策を考える

では最後に解決策を考えてみる。それは検索エンジンを変更だ。Googleを使う限りAMPを非表示にする事は不可能。ではどうするかというと、検索エンジンをYahoo!に変えてしまう。検索結果の違いが気になるかもしれないが、日本のYahoo!はGoogleから検索結果を提供してもらっているのでそこの変化はない。ただ、そうするとヤフー知恵袋が強調されるデメリットも出てくる。なかなか難しい選択だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加