鎌倉・江ノ島パスでお得に紫陽花観光! 【旅録】




先日、鎌倉・江ノ島パスと言う切符を使って紫陽花の鎌倉を観光してきたので紹介したい。



この鎌倉・江ノ島パスは鎌倉駅などで買うことができるJRの鎌倉~大船、江ノ電の鎌倉~藤沢が1日乗り放題になる700円の切符である。


お得か?

お得かという結論を先に書くが、ほぼ同額と言うところだ。私の場合、鎌倉→長谷→和田塚→(和田塚から鎌倉までは徒歩。約15分程度)→鎌倉→北鎌倉→鎌倉とまわったのだが、これをSuicaで行くと合計646円になる。

鎌倉は一年中シーズンなのだが、特に紫陽花の時期は紫陽花を見るための列が長谷寺では発生し、一箇所で思いのほか時間を使ってしまうのだ。


写真で見る

切符を購入して観光スタート


長谷寺に到着。朝の11時くらいで52番。紫陽花のポイントに入る整理券番号である。これで約30待ち。


番号が呼ばれ行くもこの列。


紫陽花と長谷寺名物のカワイイ地蔵。




その後、和田塚でPIZZAのランチ。


その後、鎌倉で一休みして北鎌倉へ。明月院へ向かう。和室の和窓から撮ると1:1比率でSNS向きのいい写真が撮れるのでそのポイントは長蛇の列。無論そこは撮らない。誰がとっても同じような仕上がりになるのはつまらない。


明月院はハナショウブの時期でもあるこの時は奥の庭が500円で見ることができた。列をなす和窓の向こう側だ。


そして鎌倉に戻り観光終了。鎌倉では極楽寺や成就院なども名所であるので体力と時間がある人はまわるといいだろう。

スポンサード リンク


関連記事

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »