半額で容量4倍、速度13倍! SanDisk SDカードの進化が凄まじい!

先日買ったX70用にSDカードを購入しようと何気なくAmazonの履歴を見たのだが、SDカードの進化に驚かされた。




SDカード今昔

一番初めに買ったのは2009年で、その時はクラス6の8GBだったのだ。しかも5500円もしている。この時のカメラはCanonのKISS X3。そして2013年にはクラス10の32GBを3800円で買っている。この時のカメラはFUJIFILM X-E2で今でも活躍してくれている。



そしてこん今回買ったのが2013年とほぼ同スペックのクラス10でUHS1の32GBだ。だが、読み書き速度が2013年は45MB/sなのに対して2017年は80MB/sになっている上、値段も2000円だ。ちなみに、このMB/sはWiMAXの速度表示みたいなもので、あくまでも最高値なのであてにはならないが。



ランクは下がっても速度は上

SanDiskのランク(ゴエモンの宿でいう松竹梅的な)でいうと、最上級がExtreme PRO、次がExtreme、次が私が買ったUltra PLUSだ。その下にクラス4のノーマルSDカードがある。このランクは単純に書き込み速度の違いだろう。2013年の時は記憶が正しければそこそこの書き込み速度が欲しくてExtremeランクを買ったのだが、その時を上回る速度が今ではワンランク下で手に入るのだ。しかも値段も安い。さらに、Extreme PROでは512GBなんて容量も存在している。私のMacより大容量だ(私のMacは約250GB)。


十分な速度なのか?

SanDiskの説明では4K動画撮影はExtremeランク以上推奨、フルHD動画撮影はUltra PLUSランク以上推奨ということらしい。カメラメーカーのサイトにもこのカメラはクラス10を使え、UHS3を使えなどと書かれているのでその基準を満たすSDカードを使えばまず大丈夫だろう。私も今ままでそれで問題なく使えている。ただし、破格の安値段で売られているよくわからないブランドのSDカードはやめるべきだ。連写をしなければ安定した速度というのはそこまで求めないが、SDカードからMacやパソコンに移す時に遅くて腹立たしくなる。それに、激安SDカードは衝撃や温度変化に強いかどうかも不明なのでせっかくの写真が消えてしまってはヤリキレナイ(スーファミのドラクエのように)。ちなみに、私はSanDiskのメモリーカードでデーターが吹っ飛んだ経験はしていない。おすすめだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加