エディアールと同じ味なのに安い紅茶、ル・コルドン・ブルーを発見!

あの有名な紅茶ブランドのエディアールより安くて同じ味の紅茶が存在した。



概要

Hediard(エディアール)という紅茶ブランドがある。私はここの紅茶が大好きで、特に4レッドフルーツという銘柄が好きなのだ。ただ、美味いだけあって値段が高い。そんな中、実家に帰った際に父が買っていた紅茶がほぼ同じ味だったので紹介する。




違いは?


ソムリエのような人が飲めば違うのだろうが、私には同じ味に感じられた。ただ、ル・コルドン・ブルーの方がエディアールより濃く出るので葉っぱを少なめにしている。その他、国は両方フランスである。茶葉の原産国はエディアールが中国、スリランカ。ル・コルドン・ブルーがスリランカ、インドとなっている。これは時期によって変わるのだろうか? 歴史はエディアールが1854年創業の老舗食品店であるようだが、ル・コルドン・ブルーは1895年創業の料理教育のブランドであるようだ(パッケージに書かれている)。検索すると料理教室が一番最初に出てくるはずである。どちらかというと業務用ということなのだろうか? どちらも美味しいので是非飲んで欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加