「Firefox アドオン 使えない」Firefox Quantumでアドオン難民続出!

Firefox Quantumのリリースがもう寸前に迫っている。アドオン難民が大量に出現しそうな予感だ。



何が起ころうとしているのか?

来たる2017年11月14日(おそらくアメリカ時間)にFirefoxブラウザーが大型アップデートされる。その名も『Firefox Quantum』だ。これは今までのアップデートとは一味違い、Firefoxがガラリと変貌する。開発元曰く、30%メモリを削減でき、2倍速くなり、とても美しい見た目という事らしい。その他もろもろ素晴らしくなるとの事。


故に、アドオン難民が出現!?

残念な事にその大型アップデートはいい事ずくめとは言い難い。あなたのFirefoxのアドオン管理画面を見てほしい。あなたの使っているアドオンに下の画像のような黄色の『旧式』マークは付いているだろうか?



今回の大型アップデートに伴い、アドオン自体もFirefox Quantum対応のアップデートを行わないと使用できなくなるのだ。その使用不可になるXデーがまさに2017年11月14日というわけだ。このアドオンのアップデートはアドオンの開発元に一任されている。そのためFirefoxの大型アップデートに間に合っていないアドオンが数多く存在しているのだ。大手企業のアドオンならば大丈夫だろうが、個人開発のアドオンはなかなか対応しきれないのが現実だろう。また、開発自体中止しているアドオンもあるはずだ。

多くのユーザーはFirefoxを自動更新にしていると思うので、自動更新されたFirefoxを開いたらアドオンが使えなくなっていた、となるユーザーも相当数出るだろう。Firefoxを自動更新しない設定にすれば勝手にアップデートされる事もないと思うので、自動更新をオフにしてアドオンのアップデートを待つのも一つの手かもしれない。


正直、Firefoxに速さを求めていない。

余談になるが、私はFirefoxに速さを求めていない。ブックマークの使いやすさやiPhoneとの同期のしやすさからよく見るサイトはSafariを使っている。GoogleドライブやGmailの確認、AmazonビデオにはChromeを使っている。ブログを書いたりYouTubeを見たりするのは便利なアドオンが多いのでFirefoxを使っている。といった具合に、私のFirefoxの用途はあくまでアドオン重視なのだ。何故と言われても私はその役割分担がシックリきたのだ。他のユーザーはどうなのだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加