IPv6の勘違い。あなたはすでにIPv6に対応しているかもよ。

さんざん右往左往した結果、IPv6に対応していた。同じ轍を踏まないためにも是非とも読んで欲しい。



IPv6に関する多大なる勘違い

無知とは恐ろしいもんで、私もインターネット接続関連には疎い一人だ。そんな中でIPv6に接続すれば高速インターネットを楽しめるという浅はかな情報収集の末、私は「IPv6のみ」でインターネット接続をしようとしたのだが、どうにもこうにも接続できなかった(詳しい人はこの文でいかに愚かであるかわかるだろう)。ならばとルーターを買い換えたものの接続できないのは変わらず。



速度は確かに速くなっているが、この差がルーターが原因なのか時間帯がずれたことが原因なのかは不明。ただ、ioデーターのルーターは設定画面がシンプルで使いやすい。



IPv6の謎が解けた

ああでもない、こうでもないとやっているうちに、ついに謎が解けた。要するに、IPv6に対応しているサイトでなければIPv6でアクセスできないのだ。ちなみに、YouTubeはIPv6に対応しているようで、IPv6のみでインターネット接続した状態でもアクセスでき、見事に動画を鑑賞できた。要するにまだまだIPv6オンリーで行くには対応していないサイトが多すぎるというだけの話だったのだ。すると、最初に使っていたルーターでもIPv6が使えていたということか? ただしBUFFALOの公式サイトでは対応機種に含まれていないし、設定画面でもIPv6の文字は出てこない。もしそうだとすれば新しく買ったルーター代がバカバカしいので調べないでおこうと思う。

ちなみに、自分がIPv6に対応しているか不安な人はこのサイト(https://test-ipv6.com/index.html.ja_JP)で確認してみるといい。


このエントリーをはてなブックマークに追加