DSC-QX100, DSC-QX10 違いを徹底比較! ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット

あの衝撃的な登場で驚いた人も多いだろう、SONYレンズスタイルカメラDSC-QX100DSC-QX10レンズ兼カメラなのか、カメラ兼レンズなのか分からないが、スマートフォン着用するレンズカメラだ。お手持ちのスマートフォンが本格的なカメラになってしまう、今まで登場しなかったのか不思議なくらい盲点だった商品だ。今回はそのDSC-QX100DSC-QX10の違いを比較してみよう。


・撮像素子
DSC-QX1001.0 Exmor R CMOSイメージセンサー アスペクト比32
DSC-QX101/2.3 Exmor R CMOSイメージセンサー アスペクト比43


・有効画素数
DSC-QX100:有効2020万画素
DSC-QX10:有効1820万画素


・レンズ
DSC-QX100:カールツァイス「バリオゾナーT*」レンズ 67
DSC-QX10:ソニーGレンズ 79


・焦点距離(35mm換算)
DSC-QX10010.4-37.1mm28-100mm
DSC-QX104.45-44.5mm25-250mm


・開放絞り値
DSC-QX100F1.8W- F4.9T
DSC-QX10F3.3W- F5.9T


・ズーム
DSC-QX100:光学3.6倍ズーム(28-100mm
DSC-QX10:光学10倍ズーム(25-250mm


ISO感度(静止画)
DSC-QX100AutoISO160-25600
DSC-QX10AutoISO100-12800


・記録フォーマット
DSC-QX100
[静止画]JPEG
3220M5472×3648)、5M2736×1824
16917M5472×3080)、4.2M2720×1528
4318M4864×3648)、5M2592×1944
1113M3648×3648)、3.7M1920×1920
[動画]MP412Mbps1440×108030p
DSC-QX10
[静止画]JPEG
4318M4896×3672)、5M2592×1944
16913M4896×2752)、2M1920×1080
[動画]MP412Mbps1440×108030p


・外形寸法(W×H×D
DSC-QX10062.5×62.5×55.5mm
DSC-QX1062.4×61.8×33.3mm


・本体質量(メモリーカード及びバッテリー含む)
DSC-QX100179g
DSC-QX10105g


・カラー
DSC-QX100:ブラック、
DSC-QX10:ブラック、ホワイト


・記録メディア
共に、メモリースティック マイクロ(Mark2)、microSDメモリーカード


・価格
DSC-QX100:約55,000
DSC-QX1025,000円前後



このようになっている。ご覧の通り、レンズかなりの差が出ている。DSC-QX100大型1.0型裏面照射型CMOSセンサーにより夜景室内撮影時のノイズ大幅に低減できる。さらに、F1.8の明るいレンズを使用しており、美しいボケ味が楽しめそうだ。また、今回採用されたカールツァイス「バリオゾナーT*」レンズは、通常のレンズよりも多くのがセンサーに届くようになっているため、明るく美しく撮影できる。


しかし、当然値段はDSC-QX10倍近くしてしまう。さらに、DSC-QX1002cmサイズが大きいのもデメリットだ。


どちらが良いかは買う人が決めればいいが、私としてはDSC-QX10を勧めたい。面白いカメラではあるが、正直5万円出すのであればミラーレス一眼を買った方が良いだろう。趣味というより、旅行などの思い出作りで使いたいカメラだ。105g軽くサイズも小さいので、スマートフォンのカメラではちょっと力不足だが、カメラを別に持って行くのは面倒だと感じた時に良いだろう。


ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10(ホワイト)ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10(ホワイト)


ソニー
売り上げランキング : 2098

Amazonで詳しく見る

ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX100ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX100


ソニー
売り上げランキング : 3359

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加