サントリーとサーモスが共同開発したdropとは?



セブンイレブンで面白いものを発見した。その名もdropだ。サントリーとサーモスの共同開発商品である。現在、首都圏のセブンイレブンで先行発売している。
温度や濃さを自分好みにでき、手軽に美味しいドリンクを作ることが出来る。イメージと構造はネスプレッソに近い。
ドリンクの作り方は簡単で、ドリンクカプセルをセットしてお湯や水を注ぐ。違うのは、その容器をそのまま魔法瓶の水筒として持ち歩けることだ。サーモスと開発した最大の利点だろう。
また、ドリンクカプセルも種類が多く、コーヒー類だけでなく、緑茶、烏龍茶、ジャスミン茶、アセロラ、梅など12種類ある。
美味しいドリンクを温かく維持できるdrop、寒くなって来たこの季節に一つ買ってみるのも良いかもしれない。ただデメリットもある。それは水筒を洗わなければならない手間と、水筒の1,980円という若干高い価格、そしてドリンクカプセルをコンビニで買っても水がなければどうしようもないという事だ。それなら私は、セブンコーヒーや従来通りのペットボトル飲料を買ってしまうだろう。

スポンサーリンク