MY BOTTLE DRINK drop 実際に使った感想 セブンコーヒーと比べて



以前ブログに書き、買わない宣言をしたサントリーとサーモスの共同開発商品『MY BOTTLE DRINK drop』を結局買ってしまった。そこで、使ってみた感想を書こうかと思う。
実際の大きさは写真の通り。太さがペットボトルよりあるため大きく感じる。そして、把手がついているためバッグなどには入れにくい。
上の写真は洗浄用にバラしたところ。分解してキレイに保てるのは良いが、毎回分解して洗わなければならないと考えると面倒くさい。
コストパフォーマンスの話をすると、本体ボトルが1,980円、ドロップカプセルが90円。セブンコーヒーのホットLサイズが150円。単純に本体ボトルの元を取るには33杯(1,980÷(150-90)=33)飲めば良い計算になる。34杯目から「得をした」と言えるわけだ。
肝心の味なのだが、正直あまり美味しくない。私が飲んだのはエスプレッソ、コーヒー、梅なのだが、美味しくはなかった。コーヒーはセブンコーヒーの方が美味しく感じた。
また、コーヒーとエスプレッソをボトルに入れておいたところ、臭いが染み付いてしまったようで、梅を飲んだ時にほのかにコーヒーの香りがしてしまう欠点が分かった。
総合的に判断して、この『MY BOTTLE DRINK drop』が便利で経済的な商品かと言うと、そうでもなさそうだ。本体ボトルの値段とドリンクを作る手間と洗浄の手間を考えるとセブンコーヒーに軍配が上がる。なにより、外出先で本体ボトルがなければドリンクを作る事すら出来ないのだから、セブンで150円のカップを買いその場で作れるセブンコーヒーの方が良いに決まっている。

スポンサーリンク